FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

交通法改正

6月1日。名古屋市内も駐車禁止の取締りで騒がしかったですね。
年間1000件以上も駐車禁止車両が原因で交通事故が起きていたり、緊急車両が通れないということも起きていたりして、取締りが厳しくなるのは当然なことだと思います。まぁ民間への委託事業ということでこれからいろいろな問題点は出てくるとは思いますが、普段車での移動が殆どな私も「ちょっと止めたい」ということはよくあります。
「駐車禁止」「駐停車禁止」とありますが、ほとんどの多くは「駐車禁止」が目立ちますよね。

何が「駐車」で何が「停車」なのでしょうか?
JAFのホームページにきちんと書いてありました。
【駐車と停車の区別】
1.駐車とは、『車が継続的に停止することや運転者が車から離れていてすぐに運転できない状態で停止すること』(交通の教則―運転者用―より)をいい、人の乗り降りや、5分以内の荷物の積み下ろしのための停止の場合は駐車にはなりません。
2.停車とは、『駐車にあたらない短時間の車の停止』(交通の教則―運転者用―より)のことをいいます。

わかったようなわからないような。まぁ5分以内ならOKなのか?
前提は禁止区域では停車も本当は望まれないと思いますが、まぁ私のような業務の場合はコインパーキングなどを利用すればいいことですが、社員さんや、また運送業者さんなどには大変なことです。これまで「まぁええやん」で済んでいた違反行為を「ちゃんとせないかん」という運転者の意識改革には今回の改正は必要なことでしょうが、あまりに過度な取り締まりはどうかと思います。

さて、警察も民間委託により、人員が多少は余剰になるはずですから、日に日に増え続ける犯罪に対して、また「防犯」に対してどんどん積極的な人員投資をしていただき、安心な街づくりに勤めていただきたいものです。
スポンサーサイト



[ 2006/06/01 22:43 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ