FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

お見事 小学2年生!でもね・・・。

山梨県で小学1年生の女の子が連れ去られそうになり、防犯ブザーで追いやり、驚くことに所持していた携帯電話のカメラで逃げる犯人(原付バイク)を小学2年生の女の子が撮影し、それが決め手になり犯人逮捕につながった。

瞬時に携帯電話のカメラで撮影しようとした行動もすごいけど、さらに撮影がよりわかりやすくできるように、画面を大きくしたり画質を良くしたりして撮影したというから、またそれが小学2年生(7歳)というから本当に驚かされました。

大人でもこんなに「報道カメラマン張り」の行動はなかなか取れないのではないでしょうか?私は無理ですね。携帯電話で撮影しようとしても追っかけるなどして手ぶれがひどいでしょうね。何しろ原付バイクのナンバーがはっきり写っていたということです。

今回感じたのは2点。
一つは、これからの時代はどこでもカメラ、どこでもネットワークが犯罪を防止、抑止したりする効果がいろいろと発揮されるだろうな、ということ。
もう一つは、もし撮影しているところをこの犯人がバックミラー越しに見ていたらどうなっただろうかと想像するだけでゾッとします。今回は確かに逮捕につながり、次の犯罪につながらなかったから良いものを、同じ子を持つ親としては「何もして欲しくない」というのが正直な気持ちです。今回はとにかく無事で良かった。
スポンサーサイト



[ 2006/05/28 21:39 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ