FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「忍込み」が多発 -平成23年前半-

侵入盗(どろぼう)手口には、空き巣・忍び込み・居空き と3種類あります。
空き巣・・・留守中に侵入してくること
忍び込み・・・寝ている間に侵入してくること
居空き・・・風呂、リビングなどにいる時に別の部屋に侵入してくること

愛知県警発表によると、平成23年前半は
侵入盗の中でも「忍び込み」が多発しています。

中でも名古屋市・三河地方での増加が顕著に現れています。

ドロボウも「忍び込み」する場合、住人に見つかりたくないと
思っていますが、万が一はちあうことがあると、
手近な武器を用いて、強盗などの凶悪犯罪に発展してしまいます。

侵入場所は圧倒的に「窓」からが多く、
手口は大きく二つの種類です。

一つは「ガラス破り」(45.6%)です。
最近では勝手口にあるスライド窓の網を破って鍵を開ける手口も増えてます。

そしてもう一つは「無施錠・鍵のかけ忘れ」(42.1%)です。
特に愛知県は多いんですね。

今は節電ということもあり、また身体のことを考えると、
窓を開けて自然の風が入るようにして寝る人が増えていると思いますが、
「そこ」を狙うのもドロボウです。

まずはカギは最低かけることです。
そして補助錠などは必ずすること。
暑くてイヤですが、特に1Fは雨戸を閉めること。
・・・

など対策が必要です。

その他 機器による威嚇でドロボウを近づけないなどのご相談は
弊社トレネッツまでご連絡ください。




スポンサーサイト
[ 2011/07/14 10:52 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。