FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

ブレーキの難しさ

アルコピア

週末 愛知県犬山の友人家族と一緒に 岐阜県高山にあるアルコピア(舟山)スキー場へ行きました。毎年1回だけスキーに行ってるわけですが、息子(9歳)は今回で3回目のスキーで、過去2回はスキー教室を午前中やるだけでほとんど終わり。そんな状態ですから、今年も午前を滑って帰ろうかなと思っていたら、息子はどんどん滑れて、空いていたこともあり朝の1時間でリフト1日券の元をひけるくらい滑りました。

子供の能力には驚かされます。3回目でこんなに滑れるようになるなんて。友だちも一緒だったため、「負けられない」っていう気持ちもあったようでどんどん上達していきます。

ものすごく楽しそうで、やる気に満ち溢れているために「がんばれ、がんばれ」と言って 朝8:30から滑り出し、リフトが止まる夕方16:30まで滑り通しでした。

さすがに最後の5本くらいは疲れが出たのか、息子はターンが全くできず、上から直滑降、それまで転ばなかったところで転び始めた。それでも息子は楽しそうにしていて やめようとしない。

終わってから考えると、やる気満々で「楽しさ」があふれているためにこちらから「もうやめよう」というブレーキをかけることができず、もし怪我でもしていたら・・・・と思うと親として反省です。

これは会社でも社員さんがやる気満々だからといって こちらからブレーキをかけなきゃいけないところでかけてあげないと、体調を崩すなどのトラブルが起きることということと同じです。ブレーキのタイミングをはずすとやる気を削ぐこともあります。

ブレーキのかけ方(声のかけ方など)・タイミング、とても難しいですね。
スポンサーサイト



[ 2006/03/08 18:25 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(4)
なるほどね。子供の吸収力ってすごいよね。
楽しくて楽しくてやめどきって難しいもんナ。
 怪我かあ・・・。大人は自分でブレーキ掛けちゃうのにな。
 まだいけるってときでも後のことをかんがえちゃったりして。(私はあまり考えませんが・・・)

 子供の時のそういう勢いって大事に
 したいね。
  一生懸命になる楽しさってそういう所から
 まなぶんじゃない?

 思い切りやりきる楽しさ。
 いいね!ことしもやるぞー。
[ 2006/03/09 08:06 ] [ 編集 ]
gekiさん ありがとう。

子供が外で元気に遊ぶってことが少なくなってきているし、スキーなんてしょっちゅう連れて行けるわけではないので、どうしても「がんばれ!」って応援しちゃうんですよね。

まぁ それでも都会に比べれば、ウチは田舎なので外で遊べるところがあるけどね。でも最近田舎でも親が外に行かせないことが増えているからね。危ないから。
[ 2006/03/09 10:31 ] [ 編集 ]
トレ社長、初コメントおじゃましま~す。

ブレーキのタイミングをはずすとやる気を削ぐこともあります。
ブレーキのかけ方(声のかけ方など)・タイミング、とても難しいですね。


メンタリングをお伝えしている中でも、とっても重要な部分だと感じています。

私が担当しているメンターシップ・ホスピタリティの2つの「きく」にも通じる気がしました。
ひとつは「聴く」。
そしてもうひとつは「訊く」です。

さらに2つの「みとめる」。
「認める」と「見止める」です。

難しいかもしれませんが、どなたも持っていらっしゃる要素だと思いますので、そこを引き出して伸ばすお手伝いをしたいというのが願いです。

今日はちょっとだけ真面目になってみました(笑)
でもいつもトレ社長のブログには気づきが詰まっててすごく楽しみにしています。


[ 2006/03/09 15:10 ] [ 編集 ]
しーさま   こんにちわ。

メンタリングは大変役に立っています。
相手を「気にする」「気に留めている」ということの重要(プロセスの共有)さ。これは特に気にするようになりましたね。そして声をかけるタイミングと、適切な内容ですね。

「その気」にさせて「その気にさせすぎちゃった」にならないようにしないといけませんね。また勉強と実践の繰り返しです。

今後ともご指導をお願いしますね。
[ 2006/03/09 18:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ