FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

審判講習会

今日は終日(財)日本少年野球連盟岐阜支部の審判講習会に受講生として
参加してきました。

2年前にも軟式野球連盟の審判講習を受講しましたが、
明らかに内容が違いました。

その時は、主審・塁審(1塁・2塁・3塁)それぞれの基本的な立ち位置や
動作がメインでしたが、今回は主審・塁審(1塁・2塁・3塁)それぞれが
お互いにサインを出し合い、息を合わせて動作するということがメイン。

朝7:00集合で、ドシャ降りの中 屋内施設にて講義を受けて、
晴れ間が出てからはグランドへ移動し、実技訓練。

コールも「アウト!」じゃなくて「ヒィーズ アウト!!」
外野フライで野手が捕球したら「アウト」じゃなくて「ザッツ ザ キャッチ!」
捕球できなかったら両手を広げて「ノーキャッチ!」
内野ゴロで一塁手の足がベースから離れたら、ただの「セーフ」ではなくて
両手を広げて「セーフ」
そして両手を足が離れたほうに向けて「オブ ザ バック!」
・・・・「アウト」「セーフ」じゃいかんのかなぁ・・・

中でも大変だったのは、グランドでの実技訓練となるシュミレーション。
1塁審判でも、主審を見てサインを確認し、打球が飛べば2塁審判とのコンビネーション
で動き、場合によっては2塁上の判定、ホームベースでの判定まである。

それを2塁審判、3塁審判と何度かシュミレーション。
野球をやってたから言わんとすること、動きには理解できるが、
あまりにそのシュミレーションが多すぎてとっさの判断と行動が難しい。

まぁ経験を増やすしかないんでしょうね。
好きな野球をまた違う角度から関わる事ができることも楽しいですが、
久しぶりに頭と身体を同時に使った楽しい日でもありました。

審判講習受講証
    受講証をいただきました

野球がわからない人には何のことかわからない内容でしたね。
すいません。


スポンサーサイト



[ 2010/02/28 23:43 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ