FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

防犯とプライバシー

camera

東京の成城地区で、警察が地域に防犯カメラ設置を促し、個人宅で自宅周辺を監視するための防犯カメラが増えているということです。最近では全国の商店街に防犯カメラ設置の動きがあるということがニュースで紹介されていました。

テレビでも紹介されているように東京の歌舞伎町では4年ほど前から防犯カメラが設置され刑法犯の犯罪発生が約2割減少したとのことで、確実に「防犯」には結びつくものだと思います。

成城地区の住民の方のインタビューをテレビで見たのですが、犯罪が減る期待と同様にプライバシーがなくなることの不安も言われていました。

カメラの性能は年々良くなっているために映像は確かに「えっこんなに見えるの?」というくらいになってきています。
何を重視するのか?が大切で、まずは防犯だと思います。
しかし、「プライバシー保護」ということは絶対に避けられないものでありますので、最近のカメラではプライバシーに関わる部分の撮影・録画ができないような機能のついたものもありますし、弊社のような設置業者がレンズ部分にマスキング(テープなどでプライバシーに関わる部分が映らないようにする)するなどして、プライバシー保護することは同時に求められます。
スポンサーサイト



[ 2006/02/20 08:04 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ