FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

フェアトレードタウンなごやの実現に

昨年末に開催されましたフェアトレードファッションショーで出会いました
タレントの原田さとみさんと大変お若いのにしっかりしたM.A さんのお二人が
ウチの会社に来てくれました。

その中のお話の一つに「フェアトレードタウンなごや」構想があり、
学生や企業やNPO・・・多分野の方々が集まって「フェアトレード推進委員会」を
定期的に行われています。

「フェアトレード」とは、英語で直訳すると公正な貿易という意味であり、
安全で安心できる物を継続的に生産することができ、
生産者が十分暮らしていける価格や賃金を保障しています。
こうして生産者を経済的に支援して彼らが安心して働ける場を作り出し、
貧困から抜け出す手助けをすること。それがフェアトレードの目的です。

多くの商品は、国外で適正な費用を支払わずに製品となって日本に輸入され
我々が日頃手にしているものが多いのです。

フェアトレードタウンとは、市民、行政、企業、学校、などが協力し合い、
街ぐるみでフェアトレードを応援する地域のことを言います。
開発途上国の生産者・労働者が、貿易を通して生活や環境を改善していけるよう、
個人や組織がともに協力してフェアトレードを推進していく運動です。

それを日本では「名古屋」で実現しようという動きが
「フェアトレードタウンなごや」構想です。

実際にはフェアトレード商品を取り扱うお店を増やしていき、
買う人、売る人、作る人、みんなが幸せになれる街の仕組みをつくり、
「世界を身近に感じ、ステキなライフスタイルをおくる」名古屋にしようというもの。

その中心として活躍されています原田さとみさんにも
ウチの事業で目指すものがラップしますので、どんどん協力していきたいというか、
主体者となって行きたいと思います。

お話を伺っていて一番驚いたのは、こういう動きに積極的なのは「学生」なんですね。
最近の若者は・・・なんて声はよく聞きますが、若者のほうが深く考えていて
また実行力もあるんですね。次代を創っていくのは彼らですからね。

また原田さんは「エシカルといったら原田さとみ」というくらい
エシカルを広めていこうとされています。
http://satomiharada.com/

クーババール事業の柱は「エシカル」です。
これからもどんどんコラボレートしていきたいと思います。

原田さん、M.Aさん、これからもよろしくお願いしますね。




スポンサーサイト



[ 2010/02/08 11:10 ] クーババール | TB(0) | CM(2)
おいらもその運動に少し関わっています。

まだはじめたばかりですが。。。

一緒に何かやれるといいですね。
[ 2010/02/08 12:23 ] [ 編集 ]
koderan  こんにちわ。

そうなんだ。
関わってるんだね。

ぜひ一緒にやりましょう。
また遊びに来てね。打ち合わせましょう!
[ 2010/02/08 13:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ