FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

強いひと

先日 約2年ぶりにお会いしたお客様。
確か1年前に大病をしていたのに、以前と比べると「ふっくら」と。

「お久しぶりです。だいぶ肥えられました?」
と聞くと「食べすぎ」だと。

病気が良くなったんだとホッとすると、実はちょっと違う。

命に関わるような大きな病気で、手術もするが薬による闘病生活を
おくらなくてはならないということで、

手術に負けない体力をつける、薬に負けない身体を作る、といって
お腹がすいていなくても無理してご飯を食べたとのこと。

私も何度か一緒に飲みに行く機会がありましたが、
飲むのとタバコが大好きで、ほとんど食事の量は少なかった人です。

とにかく食べまくった結果が「太った」らしい。

その人は50歳を少し越えたお歳です。
この病気をするまでは、別にいつ死んでもええ、くらいで
特に「死」について考えたことがなかったということ。

実際に大病になると、まだやりたいことがある、まだ死ねん、と
思ったら、「これからどう生きるか」をすごく考えたとのこと。

やりたいこと、やらなきゃいけないこと いっぱい出てきた。
病気を悔やむことはできない。
だけど後悔しない人生を送るために、まずは負けない身体にすること。

それでも その人は今でも量はかなり減ったがタバコも吸うし酒も飲む。
そして好きだった山歩きもやめない。

その人とお話させていただいていても、ちっとも悲壮感がない。
変な言い方になってしまいますが、なぜか「充実感」ある表情にも見えました。
とにかく元気。

「病気のこと考えてもしゃーないやん。これからのことばっかり考えとるもん。」

その人は、この秋 再入院して闘っています。
「強い人」は決して負けない。信じています。

スポンサーサイト



[ 2009/11/23 23:09 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ