FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

水からの伝言 -悲しい人間の性-

私が読む月刊誌「致知」の中で見つけたお話です。

作家・三浦綾子さんの「人間の悲しい性」というお話から。

弊社の業種(防犯用セルフセキュリティシステム)で言うのは
どうかとは思うのですが・・・・

「『泥棒』と『悪口を言う』のと、どちらが悪いか」

三浦さんの教会の牧師は「悪口のほうが罪深い」といわれたそうです。

・・・・・・・・・ここからは三浦さんの文章より・・・・・・・・・

大事にしていたものや高価なものを取られても、
生活を根底から覆されるような被害でない限り、
いつかは忘れます。

少しは傷つくかもしれませんが、泥棒に入られたために
自殺した話はあまり聞かない。
だけど、人に悪口をいわれて死んだ老人の話や
少年少女の話は時折、聞きます。

「うちのおばあさんたら、食いしんぼうで、
 あんな年をしてても3杯も食べるのよ」

と陰でいった嫁の悪口に憤慨し、
その後一切、食物を拒否して死んだ、という話があります。

それと、精神薄弱児の3割は妊婦が
3か月以内に強烈なショックを受けたときに
生まれると聞いたことがありますが、
ある妻は小姑に夫の独身時代の素行を聞き、
さらに現在愛人のいることを知らされた。

それは幸せいっぱいの兄嫁への嫉妬から、そういうことをいったのです。
この小姑の話に、ちょうど妊娠したばかりの妻は
大きなショックを受け、生まれたのは精神薄弱児だったそうです。

恐ろしい話です。

私たちの何気なくいう悪口は人を死に追いやり、
生まれてくる子を精神薄弱児にする力がある。
泥棒のような単純な罰とは違うんです。

それなのに、私たちはいとも楽しげに人の悪口をいい、また聞いています。
そしてああきょうは楽しかった、と帰っていく。
人の悪口が楽しい。これが人間の悲しい性です。

もし自分が悪口をいわれたら夜も眠れないくらい、
怒ったり、くやしがったり、泣いたりする。
自分の陰口をきいた人を憎み、
顔を合わせても口もきかなくなるのではないでしょうか。

自分がそれほど腹が立つことなら、他の人も同様に腹が立つはずです。
そのはずなのに、それほど人を傷つけるうわさ話をいとも楽しげに語る。

私たちは自分を罪人だとは思っていない。
罪深いなどと考えたりしない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回の「水からの伝言」で触れたように、
相手に伝わる「波動」というものが影響するという話。

結構「悪口」を悪気なく「ネタ」のようにして話してしまうことは結構多いですね。
言われた「相手」がどう受け止めるか、が本当に大切なんですね。


スポンサーサイト



[ 2009/11/11 15:18 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ