FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

防犯効果がある地域の取り組み -杉並区の事例-

以前 東京都の中でも犯罪件数が多かった杉並区が
今は 日本の防犯モデル地区と言われるほどに変わりました。

特徴的な取り組みとして行ったことは
「家の玄関先に花を植えたこと」です。

・・・・うん?これが何か?って思いますよね。

実は家の玄関先にお花をたくさんプランターなどに植えると、
その家の人が、お花の世話をするために、玄関先に出てくることが
多くなります。

ご近所さんたちも近くを通れば、「きれいですね」と声をかけていきます。

これを杉並区で取り組んだのです。

すると、玄関先にいつも人がたくさんいたり、コミュニケーションがさかんになるわけです。

防犯四原則「時間」「目」「音」「光」の内、撃退効果が高いのは「音」、
防犯効果が高いのが「目」です。機械よりも「人の目、地域の目」なんです。

以前もご紹介しましたように、あいさつがさかんな地域や、地域のパトロールがさかんな地域
は絶対的に犯罪数が少ないです。

泥棒のほとんどが下見をします。
下見の目的は、捕まらないための完全犯罪にするためです。

いつも外に人がいたり、声をかけられたりなどすると「顔を見られた!」と
思うそうです。その地域では犯罪は起こしづらくなります。

杉並区の家の前にお花畑。
とてもいい防犯対策ですね。(防犯だけでなく地域のコミュニケーションもさかんになります)

スポンサーサイト



[ 2009/07/27 22:21 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ