FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

最後に冷めたWBC

見事 侍ジャパン優勝でめでたし、めでたし。

と言いたいところですが、最終戦の最後で 私は盛り上がっていたのに
一気に冷めてしまいました。

韓国との決勝戦。
1点差で勝っていて9回裏を抑えたら優勝という場面。

守護神(藤川球児)が抑えて優勝!!     と思いきや
出てきたのはダルビッシュ。

私がタイガースファンということは前提だからということは否定しないが、
侍ジャパンの守護神は藤川球児ということで勝ってきた。

原監督は、一番状態のいい投手をということが理由らしいが、
はっきり言って この大会ではダルビッシュは決して安定感はなかった。
特に立ち上がりに関しては調子は良くなく、回を追うごとに尻上がりに
良くなるというもの。

こういうタイプに、抑えは向いていないはず。
ましてや今大会、藤川は抑えで点を取られていない。

案の定、9回裏に打たれ同点に。
球児(藤川)だったら打たれなかったとは決して言えないが・・・・。

あの同点により 輝いたのはイチロー(10回表に逆転2点打)。
これまでの汚名返上とは言わないが、それに近いヒーローに。

イチローは大好きだから、それはOKとしても、
まだその裏にダルビッシュ。・・・・ありえん。結果は抑えて優勝。

守護神という自覚・自負を持ち、日の丸を背負った藤川球児を
「信頼・信用」していなかった(原監督は)のか?

それともダルビッシュのスポンサーの力でも働いたのか?
(優勝投手にしなくてはならない理由があったのか)

あるいはダルビッシュのほうが「絵になる」から ということなのか?

まさに努力をしてきた選手より、名前で使う巨人らしいと
嫌味の一つでも言いたくなってしまう。

あれだけWBCを楽しみにし、盛り上がっていた自分は、
その一瞬だけで一気に冷めてしまい、優勝のスポーツニュースは
一切見ていない。

タイガースの選手だからそう思うという点は否定できないが、
経営者として「人」の活かし方・輝かせ方で考えると、大きな疑問だけが
残ったWBCだった。

・・・・ちょっと気分の悪い内容で、申し訳ございません。


スポンサーサイト



[ 2009/03/25 00:07 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(2)
卒業おめでとうございます。
私の事を忘れないでくださいね。
ではでは
[ 2009/03/28 15:48 ] [ 編集 ]
レンコン王子  ありがとね。

あなたは絶対に忘れられません。(笑)

これからもよろしくね!
[ 2009/03/31 21:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ