FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

貞観政要(じょうがんせいよう)

私がいつも尊敬しますオネストンの佐々木社長さんに薦めていただきました
「『貞観政要』に学ぶ上に立つ者の心得」(谷沢永一・渡部昇一)という本を
年末から年始にかけて 読みました。

上に立つ者の心得

薦めていただかなければ、私のように元々本をあまり読まない者は まず出会う
ことはなかった本でしょう。

貞観政要・・・この時点で通常はアウトです。貞観とはシナの年号

遥か昔 626年からのお話で、唐朝の第二代皇帝・太宗(たいそう)のことを
谷沢永一さんと渡部昇一さんが会話している内容が本になっており、字も大きめで(笑)、
思った以上に読みやすい本でした。

シナ史上最高の名君と称えられる太宗は、自分に発言してくる家臣をとても大切にし、
自分自身も「律する」という点をとても意識し、こういう戦国時代ではとても考えられない
ような皇帝だったこと。

「民が幸せで豊かに暮らせること」を『本当に』第一に考えていたからこそ
そういうことができたというお話。

歴史上でも、この「貞観政要」を読まなかった織田信長・豊臣秀吉の政権は短命で終わり、
読んだ徳川家康や北条政子の政権は繁栄を築いたというキャッチコピーも惹かれました。

経営者としてとても大切な『姿勢』というか必要な『器』について書いてありました。

スポンサーサイト



[ 2009/01/19 00:09 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ