FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

プレイングマネージャー

プロ野球がキャンプインして1週間がたちました。
私は虎ファンなので今年こそ日本一を!という期待でワクワクしているわけですが、今年はそれ以上に気になるのが東京ヤクルトスワローズの古田監督兼選手です。

プレイングマネージャーという立場は、我々中小零細企業の経営者に共通していることが多く、
ファン(広くは野球ファン全体)に感動を与えたい=お客様への価値感動の提供
「優勝する」という明確な目標=明確かつ具体的な方針
一プレーヤーとしての練習・技術向上=一営業・技術者としての技量向上
プレーをしながら選手育成=社員教育  などなど。

経営者としては自らがプレーヤーではなくマネージャーとなっていくことが当然大切であるが、私自身の現状ではプレイングマネージャーとならざる得ない状況であります。そういう点では、今年の古田敦也監督兼選手が、どのようなチーム作りをし、どんな成果をあげていくのかはとても興味があります。

毎年 プロ野球は虎一色しか頭にありませんでしたが、今年は古田監督にも注目です。
スポンサーサイト



[ 2006/02/08 23:48 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ