FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

子にゃんこ救出劇

もう10日ほど前の話。

夕方 事務所に戻ると社員さんが事務所の駐車場で朝から子猫の鳴き声がする、と。
窓から覗いてみても声はしない。もう逃げちゃったんじゃない?

しばらくすると、子猫の大きな鳴き声。
あーあ 腹減ってる声だな。

ウチの車と隣の事務所の車とある中から声がするが、どこからかわからない。
もしエンジンルームに入り込んで出れなくなるとかなりヤバイ。

社員さんが探していると、隣の事務所の車の下から声が・・・。
車を揺らしたり、棒で叩いて音を立てれば逃げるだろう。でもお隣さんの車だからねぇ。

隣の事務所へ行って、お宅の車の下に猫が入り込んでるみたいですよ、
揺らしたり叩けば逃げると思いますが・・・、と声をかけると「じゃあお願いします」って。

あれ?じゃあ行きます、じゃないんだ・・・。
まっいいか。こちらで探した方が間違いないし。

事務所にある段ボール紙を車の下に敷いて、少し痩せた成果で入り込む。
日頃の配管を使って車の下を叩いて大きな音を立てても逃げ出す気配なし。
外から大きく揺らしても気配なし。

配管の先に手鏡をつけて探しても全然いない。
すると、後輪タイヤのちょっと前にある保護カバーから猫の毛らしきものが見えて
「おった、おった」

手を入れて触ってみると ギュッと握ると潰れちゃいそうなくらい小さな猫。
にゃんこも怖いから こちらが手で引き出そうとしても必死にこらえるために
全然出てこない。

しっぽから引っ張って出そうとすると、社員さんが「ダメ!」と言う。
うーん、持久戦だな、こりゃ。

ようやく頭を掴んで、少しづつ引っ張り出すと、ピョンと勢いよく飛び出した。
前輪のタイヤの上に逃げ込んだところを、社員さんが確保!(お見事)

まだ産まれて1ヶ月を超えたくらいかなという子猫。
とてもあんな場所に自分で入れるようなニャンコじゃないので、多分お母さん猫が
隠すつもりであそこへ運んだのだろう。車が移動しちゃって母猫は悲しんでるだろうなぁ。

子ニャンコは「手鞠(てまり)」と仮の名前を付けてもらい
現在は社員さんの家で元気に育っています。

保護直後の手鞠    保護3日後の手鞠


スポンサーサイト



[ 2008/06/29 23:23 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(2)
あ、先日はどうも(笑)

子にゃんこ、よかったです。
大惨事を未然に防ぐ、
そのスリムな体、お慕い申しあげます(爆)
[ 2008/06/30 12:42 ] [ 編集 ]
子猫の救出劇、猫好きの私としては尊敬します。またその猫を飼ってしまうところが、懐の深さですね。
[ 2008/08/05 03:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ