FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

お伊勢さん

2月2日  二日目。

朝は鳥羽駅にある鳥羽一番街へお土産買いからスタート。

鳥羽一番街

私は伊勢神宮へ行くのは初めてで、とても楽しみにしていました。
昨年から熱田神宮、氏神様の綿神社と定期的に参拝させていただきながら
やはり本宮のお伊勢さんには 行きたいなぁとずっと思ってましたからね。

鳥羽グランドホテルの方から、
「伊勢神宮に厄祓いに行くなら 二見浦の二見興玉神社へ行ってお清めしてからがいいよ」
と言われ 一路二見浦へ。あぁ夫婦岩。何年、いや何十年ぶりだろうか?

二見興玉神社へ  夫婦岩

なになに・・・  蛙岩


そしていよいよ伊勢神宮へ。
伊勢神宮、と言えば 時の話題は「赤福」。
初体験の「おかげ横丁」を歩いていても たくさんの人から「赤福」という言葉が耳に入る。
あぁ ここが赤福本店だね・・・。御福餅は?・・・。

おかげ横丁を抜けると いよいよ伊勢神宮(内宮)へ。
・・・後から聞いたんだけど「外宮」から参拝しなくちゃならんかったようだ。まぁ仕方ない。
  二見浦へ行ってお清めしたから まぁいいか!

表現が適していないかもしれないがパワースポットである伊勢神宮。
宇治橋の鳥居をくぐると なんともすがすがしいというか 何ともいえない爽快な気分。
何百年、何千年たつのだろう?と思わせる大きな木々からのパワー。
思わず手のひらを向けてしまう。

御正宮までの道のりは結構あるものの 疲れを感じさせない。
雨は降らないものの曇り空なのに 晴れ晴れした感じがする。なんだろね?
思い込みが強い性格は否めないが、それでも気持ちがいい。

そして御正宮へ。参拝。感謝。
初めての伊勢神宮でしたが、また行きたい、何度も来てみたいと思えるところでした。

そして おかげ横丁へ。
さぁ お土産買うぞ!

残念ながら赤福は6日から営業再開ということで、何とか御福餅だけでもと探し回る。
ようやく見つけた御福餅。みんなでたくさん買って おかげ横丁を歩くと
すれ違う人から 手に持つ御福餅の袋を食い入るように注目される。
たまに「どこで買ったん?」って聞かれることも。
おかげ横丁のお店の人に聞いてもわからないような場所で売ってました。

そして最後のお楽しみは「松阪牛」
松阪市内まで移動し「一升びん」という焼肉屋で食べつくし。
松阪牛は本来 焼肉というより すき焼き・しゃぶしゃぶ という食べ方の方が適している
らしいが、我々にはそんな上品な食べ方よりやはり焼肉だね。

何年ぶりかという同級生も一緒でしたが、小中の同級生はまた高校生とは違う「連れ」と
いう感があり、またこれも楽しい旅行になりましたね。
みんな 二日間ありがとね。

宇治橋鳥居  御正宮までの道

御正宮

これよりおかげ横丁  おかげ横丁

太鼓が鳴り響くおかげ横丁  閉まってる赤福本店


スポンサーサイト



[ 2008/02/04 21:37 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ