FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

「窓」の侵入対策

泥棒の侵入箇所で圧倒的に多いのが「窓」です。
愛知県警調べでは、一戸建て住宅で侵入手口の60%、マンションで63%と
多くを占めています。

窓は防犯ガラスにするのがお勧めではありますが、
大前提に申しますのは割れないガラスはありませんので、泥棒に割られてしまえば
(正確には突き破られにくい・突き破るのに時間がかかる)ガラスを交換しなくては
なりません。結構コストはかかるものです。
(メーカーによっては保険付のものがあり、お勧めです)

手軽に行うには、防犯フィルムを貼ることです。
防犯フィルム自体はホームセンターでも販売しているわけですが、
防犯フィルムは窓の鍵の周りに貼ります。

ただし、簡単に貼れるようで難しいのです。
貼り方が甘いと、泥棒が窓を鈍器で叩いたりしていると、そのままフィルムが
剥がれてきたりなどという あまり意味がなくなってしまうことになります。

ですので、防犯フィルムの業者さんにお願いすることが一番間違えありません。
コスト的には材料(防犯フィルム・接着剤など)と作業費で
約15,000~25,000円/㎡ です。
(防犯フィルムの厚さなどにより単価が変わります)

全ての窓にフィルムを貼ろうとすると かなりコストがかかりますので、
専門業者さんに防犯診断してもらいながら、必要な箇所だけ貼ることで、
より効率的・効果的な窓の防犯対策になります。

また弊社では、「窓」にさえ「近づけさせない」赤外線センサーや音声威嚇による
外周警備も合わせてご提案させていただきます。


スポンサーサイト



[ 2008/01/15 22:36 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ