FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

地域防犯組織に補助金 -春日井市-

 愛知県春日井市では、七月から区や町内会が主体となって地域一丸で行う防犯活動に補助金を交付する「地域防犯組織支援事業」を始めるということです。

 市内でバラバラに活動している防犯団体同士の連携を強化し、地域に根差した効果的な防犯活動につなげることを目指しています。

 春日井市には、登下校時の児童を見守るなどの防犯活動に取り組む団体や町内会組織が複数あるが、それぞれが独自に活動しており、団体間の連携が取れないために見回り地点が集中したり、手薄になったりするなどの問題があった。

 同事業は、区や町内会単位で防犯組織をつくり、春日井安全アカデミーの卒業生らでつくる「ボニター」や、住民有志の「地域のおじさん・おばさん」、PTA、老人クラブなどの地域団体が参加することが条件で、複数の団体で組織をつくることで、相互に連携を取りながら活動内容を決め、防犯に取り組めるようにすること。

 補助金は、腕章やたすきなどのパトロール用品を購入する費用として、金額は組織を構成するのが3,000世帯以上で25万円、1,500世帯以上で15万円、500世帯以上で10万円、500世帯未満で5万円。

 こういった活動支援が行政から行われることはすごく大切なこと。
いつも言います「防犯四原則」(時間・目・光・音)の内、一番効果があるのが「目」。特に地域による「目」です。

 地域・産業・行政・警察が連携した活動がどんどん増えることが望まれます。弊社の取り組みも「そこ」へ行かなければなりません。
スポンサーサイト



[ 2007/07/02 00:08 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ