FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

防犯優良マンションの認定制度

6回目となる愛知県セルフガード協会の総会が行われました。

協会の取り組みの成果だけではなく、愛知県警の取り組み、地域の意識の向上により、
3年連続で前年比約15~20%づつ住宅侵入盗の犯罪が減少しており、
減少率だけで言えば「愛知」は全国で1位ということで、いかに愛知は多かったか、
ということと、全国的にも防犯の取り組み・意識向上が進んでいるということでしょう。

記念講演では「防犯優良マンションの認定制度概要と動向」について。
マンションの購入・賃貸を検討する際、日当たり・立地・間取り・・・
などが条件としている中に、最近では「防犯」も上位に来るようになりました。

そこで「安全・安心な町づくり全国展開プラン」(犯罪対策閣僚会議)の中に
「防犯優良マンション認定制度」の全国展開が盛り込まれました。
新築・既設両方が対象になります。

認定を受けるとステッカーによる告知となり、
住む人の安心・侵入者への威嚇 となることなどを効果としています。
・・・そこに安心してはいけないと思いますがね。

認定の標準規定は、防犯カメラなどは「死角をなくす」ということと、
録画をするということが重要。エントランスなど共用部分なども一定以上の
「明るさ」が求められます。暗くてもおしゃれ、というのはダメです。
その他の認定基準はこちらをご参照ください。

ガチガチに完璧なセキュリティをすることで住む人が「安心」であれば
いいのですが、侵入対策に安心できても、住みにくいでは良くないです。
まだまだ課題は多いなぁと矛盾を感じる提供側の立場です。
スポンサーサイト



[ 2007/06/14 23:45 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ