FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

子供の遊び方

4月から5年生になる息子がいます。
今日も午後から友だちが遊びに来ていたのですが、まずはお互いのニンテンドーDSから遊びが始まります。

見ていて部屋の中でゲームばかりだから、
「お前ら 外で遊んで来い!」と言ったら いやいや外へ。

犬を連れて畑へ行き、犬を放飼いにして走り回らせて遊ばせた。
楽しそうに遊ぶものの1時間もすると、疲れたといって帰ってくる。

公園に行って遊んで来い!と行っても誰もいないから嫌だ、と。

うーん。
ウチは田舎なのに外で遊ぶ機会が減ってきています。
昔 自分が子供の頃はゲームがなかったけど、ほとんど外でしか遊んだ覚えがありません。

学校、駅、公園・・・。
どこかへ行けば必ず誰かがいて、誰かに会えば遊びが始まる。

息子も外へ出たり友達と遊んだりすることは大好きなんですが、
外で遊ぶ「連れ」がいないんですね。
自転車で出て行くんですけど、こんな田舎なのに誰にも会わない。
誰にも会わないから帰ってきて家の中で遊ぶ。

「安全」を感じられない時代になってきたために
子供を外で遊ばせないということが「あたり前」になってしまっている。
結局 遊び方・コミュニケーションの取り方が苦手な子供が増えてくる。悪循環です。

遊び方を知っている我々親が子供たちの遊びに関わるべきなのか、
自分たちが子供だった時のように親が入ることなく、子供たちだけで見つけて行くべきなのか・・・・。よくわかりませんね。
スポンサーサイト



[ 2007/04/01 23:03 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ