FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

何してんだか?

柳沢厚生労働相の「女性は産む機械」発言。
安倍体制になってから特にトップ陣のこうした不適切発言や行動が目にあまるものがあります。何してんだか。

柳沢さんを弁明する気はありませんが、あえて評価できるとしたら、これまでの大臣クラスが失言したときに「謝る」ということはせずに、実はこうだったと「言い訳」ばかりする人ばかりで非を認めないでしたが、潔く謝り続けていますね。発言自体は問題外ですがね。

教育基本法で子供たちのことを心配する前に、自分たちの倫理観や礼儀マナー・道徳を学んだ方がいいのではないかといつも思いますね。私も人のことは言えませんが、そういう法律を作って行くリーダーたちですから尚更ですが。

これに対して野党は「チャンス」と思ったのか、やめろコール。
「そこ」こそ民衆の思いだ!とばかりに思っての行動。結果、本日の2006年度補正予算案もボイコットして衆議院を通過する始末。

3兆7千億円を超える予算案なのに、与党はそのまま通すことができこれでよし。ある意味柳沢発言のおかげなのでしょうか。
柳沢厚労相が辞職しなければ衆院本会議に参加しないなんていうことが何の意味があるのでしょうか?過半数を持っている与党だけいれば通過してしまうのに、抗議にも何もなっていない。

柳沢発言の問題は問題として、辞職を含めて追求するものではあるが、衆院本会議では3兆7千億円の予算案に対して、野党も政策提言をしきちんと審議しなくてはならないのではないでしょうか?まるで政策提言がないから「これ(発言)よし」とばかりに抵抗したつもりなのか、と思ってしまいます。野党も何してんだか?

レベルは違うでしょうが、
自分の意見が通らなければボイコットする、なんて子供が学校を休むのとどこが違うんでしょうね。大きなレベルの差はあるのでしょうか?
スポンサーサイト



[ 2007/02/02 21:51 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ