FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

防犯機器は進化と多様化

竹中センサーグループ見本市

昨日 毎年1回この時期に行われます「竹中センサーグループ総合見本市」が神戸ポートピアホテルで開催され行ってきました。

前日のセルフガード協会の場でも言われていましたが、平成18年度の愛知県における住宅侵入盗は9821件となり、実は前年比20.3%の減少でした。これで3年連続で減少しています。これはセキュリティに対する意識の向上、セキュリティ機器の普及増大、地域などにおける自主的防犯活動などの成果による減少です。

皆さんの実感はどうですか?
犯罪自体の凶悪化、子どもを狙った犯罪の増加、住宅侵入も在宅中の忍び込みも増え、逆に増えているように感じる人の方が多いと思います。

セキュリティ機器も毎年進化し続けています。
年々増え続けているのは入退室の管理・侵入各種センサのワイヤレス化と検知機能の高度化、カメラと録画システムですね。

どんどん機器は高度化・多様化していくことが、安心して暮らせることにつながることが望まれますが、窮屈な暮らしは歓迎されません。当面の対策である「安全」と、本当に追求しなくてはならない「安心」の両面を我々ベンダーは求めていかなくてはなりません。
スポンサーサイト



[ 2007/01/28 23:48 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ