FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

愛工大名電の代打

昨日は私の友人が監督している県岐商の甲子園出場について書きましたが、今日は愛知県の代表校になった愛工大名電高校についてです。
愛知の人は知っていると思いますが、準決勝で戦った春日丘高校戦。9回2死ランナー無し。3点差で春日丘高校が勝っている状況で、一気に5点を奪い大逆転した試合。まぁあかんかもしれん、という状況で2年生の選手が監督に「僕を代打で使ってください!」と進言し、その目を見て監督は代打に送り出し、そこから逆転劇が始まりました。

3年生を差し置いてよく言ったなぁと感心していましたが、愛工大名電は代打に関しては自分からの宣言で行っているということを聞いたから驚きです。これは野球という場を通じて、選手(子供・学生)の自主性・積極性・自律性・集中力・簡単にあきらめない、などの「教育の場」になっているんだなぁと感心しました。

試合に直接出ていない控え選手であっても、いつ監督から指名されても行けるようにするのではなく、自分からいつでも行くつもりで正に試合に出ている状態を保っていることはすごいことです。

今年プロ野球では古田監督が「代打オレ」ということが注目されていますが、それよりも凄いんじゃないのかな。

愛工大名電も今の監督は夏の甲子園では1勝もしていないということです。(昨年の春の選抜代会では優勝していますが)
県岐商とともにまずは1勝し、地元東海勢として2校が盛り上げてくれるよう応援します!
スポンサーサイト



[ 2006/08/02 06:30 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ