FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

鹿児島 1日目

セントレア出発前霧の鹿児島空港
セントレアへ向かう途中、セントレアの駐車場が満車という連絡が入り、慌てて大口町から犬山へ戻り、犬山駅に駐車し名鉄電車で空港へ。電車も楽ですね。犬山から50分で到着。でも出発8分前に空港到着だったから、結構ドタバタで出発。

生まれてはじめての九州。
名古屋は青空が少し見える曇り空だったけど、鹿児島空港はスゴイ濃霧と雨。飛行機が着陸態勢に入ってから窓の外を見ていたけど真っ白で、霧が取れたなと思ったらすでに滑走路。結構びっくり。

鹿児島空港は山の上にあるので霧は発生しやすいらしい。
到着後、その後の飛行機はやはり降りれないらしく、欠航が相次いだ。あと15分到着が遅れれば着くことはできなかった。ふぅー。

鹿児島といえば「焼酎」、地元の方に聞いたら「お茶」が名産ということ。ウチのほうでは「静岡茶(メジャー)」「白川茶(マイナー?)」だけど、鹿児島茶は静岡茶と肩を並べるくらいメジャーらしく、静岡茶ともブレンドされて出荷されるものもあるということ。新たな発見。
でも芋焼酎は最高。まずは「木挽」をいただきました。

その後移動した出水市(いずみし)は鶴が飛来してくる有名な場所。
武家屋敷群を見たりしましたが、武家屋敷群や古くからある家をみて気づいたのが、道が狭くどの家も人が立ったままでは覗けないような塀や木で囲まれています。仕事柄か安全面・セキュリティ面からいったら あまり良くないなぁ と思いました。(高い塀は侵入すれば隠れられる)

魚と焼酎がおいしい町でした。

展望台から見た出水市

スポンサーサイト



[ 2006/06/18 23:36 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ