FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

効果あり「地域パトロール」

今日は弊社が所属する愛知県セルフガード協会の総会でした。
その場で愛知県警の生活安全部の方がお話をしていましたが、この2年間で刑法犯の認知件数は全国的に減少傾向にあり、この愛知県では昨年比で約24%も減少しているということ。

県警の方も言っていましたが、24%も減少しているにもかかわらず秋田県の事件など子供を狙った事件は増えており、子供をはじめとする女性・老人を含めた弱者が被害にあう凶悪犯罪が増えている感があり、体感治安は悪化しています。

そんななか先日も触れましたが、各地域では自主的な防犯パトロール活動が盛んになってきており、実際に県内のある学区内ではパトロール活動を始めてから犯罪件数が半減したという実績があり、隣の学区ではパトロールをしていないために逆に犯罪件数が増えたということ。犯罪者は「地域の目」を嫌い、活動のないところへ移っていくということが実証されたようなものですね。

「地域内でいつもパトロールの人が立っている」
「地域内であいさつがさかん」
→犯罪者は自分の顔を見られたかもしれない、という不安にかられます。

愛知県では県知事自らが先頭に立ち「あいち地域安全緊急3カ年計画」を掲げ、その中でも県内に県民・事業者・団体・市町村が一体になった「県民総ぐるみ運動」を展開するとし、中でも地域における自主パトロール活動を推進しています。
安全で安心して暮らせる地域を目指して、我々事業者や自治体も含めたこのような活動の意義が実績からも本当に求められています。
スポンサーサイト



[ 2006/06/16 23:15 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ