FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

貧困な創造力の原因

私はつくづく創造力・発想力が貧困だなぁと感じることが多いです。
今あるものに味付けすることはできるのに、「今あるもの」自体を生み出す創造性がないんですね。

その原因がわかりました。
ある漫画を読んでいるときにこんなことが書いていました。

「テレビ・漫画しか見ない人」と「本(小説など)を読む人」の違い。
テレビ(映画も含め)や漫画は、作者が描いた描画・背景・登場人物がそのまま出てくるので、作者と見る人は同じものを見るのに対し、小説はそういった描画・背景・人物など読者は自分で描いたり想像するわけで作者も全ての読者も全く同じものをイメージすることはまずありません。

私は典型的なテレビ型人間で、映画やテレビは主人公になりきったりして集中して見ることができるのに、小説など本を読むと集中力がないのか他ごとを途中考えてしまい、文章・ページだけが進んでしまっていて・・・なんてことが多いです。

あぁ これだ。原因は。
創造力が貧困なのはこれが原因なんですね。
よく思い出してみると、小学校のときに本を読むように言われて読んでも、文章の途中にイメージ絵があると「あぁわかりやすいな」なんて感じたものです。
生まれて初めて「小説を読まなあかん」と本当に思いました。
スポンサーサイト



[ 2006/06/15 23:14 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ