FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

クーババール オープンしました!

クーババール事業の第1弾は、楽天ショップからスタートです。
このブログの右側にリンクをつけました。

まだまだ商品のラインナップも充分ではありません。
こちらから打って出るようなことを、まだ何もしていないのですが、
エシカルな商品ということで、お客様から探していただき、
少しずつではありますが、買っていただいております。

コンセプトを気に入っていただいたことをコメントして、お買い上げいただいた
お客様もいらっしゃり、我々としては一番うれしいことです。

現在は、商品のラインナップも、より充実させながら、
今後は特集を組んだり、さまざまな企画を組んだりして、
「みんなに優しい たのしい暮らし」をテーマに
安心生活提案業として取り組んでまいります。


スポンサーサイト



[ 2009/10/31 19:43 ] クーババール | TB(0) | CM(0)

愛知郡安全なまちづくり推進大会 10月24日

愛知郡(長久手町・東郷町)が主催する「愛知郡安全なまちづくり推進大会」が
開催され、「防犯対策実演」コーナーで愛知県セルフガード協会の防犯設備アドバイザー
として、防犯講和とガラス割りの実演をしてきました。

時間が20分しかなかったので、かなり駆け足になってしまいましたが、
会場の長久手町文化の家の森のホールというところはとてもきれいで、
大きな会場で、よく行う防犯講和では地域の公民館なので、全く違う会場にビックリ。

ビックリするような観客席

開場前にリハーサル(場所確認など段取り)していてもなかなか圧巻。

本番が始まって緊張するかと思いましたが、
約400人の方が集まって、視線を感じ スポットライトを浴びると
何とも気分はいいもんですね。

持ち時間をほんのわずか?オーバーして無事に終わることができました。

防犯講和中

ガラス割り準備中

ガラス割り実演中


[ 2009/10/26 15:19 ] セキュリティ | TB(0) | CM(1)

水からの伝言 -実践編-

昨日の続きというか、実践編です。

この本は社内でも紹介しました。

たまに社員さんたちと食事に行くのですが、
ウチの女性社員さんたちは、お店で実験します。

二つのコップに入ったお水、またはお茶に対して
片方には「ありがとう」と感謝の気持ちをこめて
片方には「アホ、バカ」とネガティブ光線をあてて

実は、私に「どちらの水がありがとうでアホでしょうか?」と
実験してくるんです。

私は味音痴のために、どちらが美味しくなっていて不味くなっているかは
よくわからないのですが、びっくりしたのは、
確かに二つのコップに入ったお茶の味が全然違ったということ。

具体的には片方があっさりしていて、片方がトロッとしていました。
味音痴のため、トロッとしたほうがコクがあるんじゃないかと思って(笑)
「こっちがありがとうじゃない?」と聞くと、正解は反対(笑笑)

ただビックリするのは 二つの味・食感が全く違うというもの。

さぁ お試しあれ!!

[ 2009/10/19 00:01 ] クーババール | TB(0) | CM(0)

水からの伝言

大変ご無沙汰してしまいました。(笑)

クーババール事業は、みんなに優しくというように
「優しくなる」というのがキーワードです。

紹介されて出会った本というより写真集があります。

結晶写真集「水からの伝言」

世界初 水の結晶写真集「水からの伝言」です。

最初のページでは、地域・都市の川などから採取した水の結晶写真です。

札幌の水は結晶がきれいな形です。
名古屋の水は結晶が半分壊れかかっています。
東京の水は結晶どころかドロドロして形がありません。

・・・うーん、やはり環境の影響なのでしょうか。

中盤のページでは、コップに入れた水に音楽を聞かせて採取した水の結晶写真。

モーツアルトやバッハを聞かせた水はきれいな形です。
あるヘビーメタルの曲を聞かせた水は何じゃこりゃ!という形がありません。

・・・ヘビメタがダメということではなく、どうもヘビメタの歌詞にネガティブ?さがあり
  反応したかもしれない、と。うーん?

そして最後に 同じくコップに入れた水に言葉をかけて採取した水の結晶。

「ありがとう」という言葉をかけた水の結晶はきれいな形。
「バカ野郎」「ムカつく・殺す」という言葉をかけた水の結晶はヘドロのような形。

「しようね」という言葉をかけた水の結晶はきれいな形。
「しなさい」という言葉をかけた水の結晶は大きく崩れた形に。

・・・・・・・・・
本の中では「波動」というものがあることが書いてあります。
単に環境汚染の垂れ流しによる水の汚染ということではなく、
相手に「伝える」「伝わる」もの(波動)による影響ではないかと。

科学的に根拠が無いために、なぜかということは言えませんが、
世の中の生き物、特に人間は身体の構成の約7割が「水(水分)」と言われます。

ありがとう、と伝えれば相手の「水」の状態が良くなり、
バカとかネガティブなことを伝えれば、相手の「水」の状態は悪くなるということ。
うん、よくわかる気がします。

相手に対して、あるいは自分自身に対して
「優しくなれる」・・・・本当に大切なことなんですね。

[ 2009/10/17 16:45 ] クーババール | TB(0) | CM(0)
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ