FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

まだ いける?

昨日の日曜日は可児シティマラソン。
可児市にある花フェスタ公園内を走るシティマラソンで、
私は少年野球チームを連れて一緒に3.2kmコースを走りました。

普段は全く走っていないので、正直不安。
しかし、子供たちには負けとれん、という大人気ない気持ちも。

ヨーイドン!

自分のペースを守りながらも、すぐ横を女性や小さな子供が抜いていくと
エイってなもんで 序盤は追い抜かす始末・・・。これが後半効いてくる。

公園は山の中のために、アップダウンがきつい。
3.2kmといっても結構厳しい。
下りは楽だろうと思いつつも、疲れがたまった足では制限をかけるのがキツイ。

応援組の前では、まだまだイケル!ってな笑顔で走りすぎるも、
その後の表情は、多分死んでたかも。(笑)

コースをちゃんと調べずに走ったために、どこを走ってどこがゴールかさえ知らず。
あれ?いつゴールなんだろう???

チームの子供たちの上位チームにはやはり勝てませんでしたが、
4年生、5年生と一部の6年生には負けずにゴール!
おぅ 結構やれるじゃん。

走り終わっても、想像してるほど苦しくなくお腹が空くくらい。
まだイケルね。

かわいそうだったのは、上位で完走したわが息子は、そのあと
リトルリーグへ体験練習へ連れて行き、そこでも走りこみ・・・・。

一番怖かったのは、翌日足が動くかなぁ・・・・。
でも大丈夫!そんなに痛くない!

・・・うん?年をとると二日後から痛むのか?

まずは準備運動   さぁ やるでぇ!

えっさえっさ みんなの前では笑顔で!   完走証





スポンサーサイト



[ 2009/02/16 21:08 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

さぁ「福」を招きましょう!

昨年の秋に 社員さんがお友達と一緒に滋賀県の信楽町へ招き猫を買いにいくと
行ったので、急遽「会社にも買って来て!」お願いをしました。

実は そこから作っていただき、その力作が到着!

招き猫ズ

おぉ ふっくらしていて「福」が来そうやん。

右手を上げている猫は「お金」(金運)を招き、
左手を上げている猫は「人」(お客様)を招くという。

黒い猫は、13日の金曜日に見るとイカンと小さな頃聞いていたので、
不吉なイメージがあるが、昔の日本では『夜でも目が見える』等の理由から、
『福猫』として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ
ということ。

三毛猫は、オスがとても少ないために三毛猫のオスは幸運を招くとして珍重されて
いるから、招き猫=三毛猫というのが昔からの習わしらしい。
四葉のクローバーみたいなものかな?

さて この子たち、いやいやお猫様たちが、何をお招きしていただけるでしょうか。

よく見る招き猫は一般に右手若しくは左手をあげているが、あげている反対の手には
よく小判を持っていますが、このお猫様たちは小判を持っていません。

以前聞いたことがあるのは、小判をもっていない理由は
「招き猫は機会を与えてくれるが、結果(=この場合小判)までついてくるわけではなく、
機会を生かせるかは本人次第」という考え方から。

なるほど。仰るとおりでございます。

皆さんが 一度見に来ていただけますことを、
お猫様たちは今、事務所の2階でお招きしております。


[ 2009/02/09 20:56 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

あと1年・・・・。

昨年の2月1日に大厄の厄払いをとり行い、あれから1年。

いよいよ後厄ということで あと1年。長いねぇ。
年齢もあり多少は体調を崩すことが例年よりはあった気がしますが、
お祓いのおかげで大厄が終わるまで何もありませんでした。

ただ不思議な現象が昨日起きました。

昨日は大厄から後厄に変わる節分。
普段 私はパワーストーンのブレスをしているのですが、
何かにぶつかったわけでもなく、引っかかったわけでもないのに、
事務所のデスクで座っていると、バチッという小さな音がしたと思ったら
ブレスの紐が切れて、パワーストーンはバラバラに。

バラバラになったブレス
バラバラになってしまったブレス

いつも作ってくれる友人のアダッチからは、
身代わりになるときに切れる と聞いていました。それか?
大厄の間に受けたものから守ってくれたのか?
それとも後厄に入るとき 最初に守ってくれたのか?

今つけてるブレス
正常な状態のブレス

もともとはあまりそういうことを信じるタイプの人間ではなかったけど、
こういうことは信じて、身代わりになってくれたことを「感謝」しなくては。

さぁあと1年です。
気にしすぎずに気をつけましょう!

[ 2009/02/04 19:41 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ