FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

違和感ある総裁選

自民党総裁に麻生太郎さんが決まりました。

今回の総裁選に違和感を感じましたね。
いつもあんな感じでしたっけ?

5人の候補者が、一緒に全国へ回り、選挙カーの上でみんなで手をつないで
手を上げて、とても「私を選んで!」という感じがしない。

お互いの演説でも、自分はどうするか、より民主党批判が多く、
他の4人より、自分を選ぶとこうなるぞ!というアピールが全然なかったように
受け止めました。

当初から麻生氏有利の中で、他の4人は「何のために」出馬したのでしょうか?
自分のほうが麻生氏よりいいぞ、とは一言も聞いた覚えはありません。
出馬することで、様々な場面での「存在感」「存在価値」を出すため?
・・・そんなことが見え隠れする選挙戦だった気がします。

アメリカ民主党のオバマ氏とヒラリー氏の選挙戦は「対決」という点で
すさまじかったです。しかし、そこには「使命感」というものを感じました。

・・・今回の日本の自民党総裁選は・・・・「使命感」を感じず。

麻生氏という人柄はなかなか親近感があり、普通とは違うことをやってくれそうな
そんな期待はありますが、今回の選挙戦だけはいただけないなぁ。

スポンサーサイト



[ 2008/09/23 22:35 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(1)

事故米で思うこと

絶えない企業における不祥事。
特に「食」という部分で これでもかというくらい次から次へと現れる問題。
これでも氷山の一角ではないかと、とても残念に思う。

今回の事故米。
大阪の三笠フーズから販売されたものが学校給食などにも入り込んでいた。

そもそも今回ちょっと疑問なのが、事故米というのは販売される場合
通常のお米と比べて価格は安いはずじゃないのかなぁ?
であるなら、三笠フーズから購入した業者も 事故米ということを
知っていたのではないだろうか?その上でお酒や給食などに流れたのでは?

いやもし事故米ということを伏せて通常のお米として販売していたなら
これはもう「詐欺行為」で犯罪になる。

徹底的に原因追求しないと、まだまだ続くでしょう。
「理念なき経営」の形がまさにこういった形になるのでしょう。

景気が悪くなる話題のニュースも嫌だけど、こういうニュースを毎日見なきゃならないのは
たまらなく嫌ですね。


[ 2008/09/20 19:05 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(3)

気分良いリベンジ by ナゴヤドーム

7月にナゴヤドームのタイガース対ドラゴンズ戦で、ちょっぴり心地よいけど負けた試合。

あの後 息子から タイガースが勝つ試合をどうしても見たい!という訴えから、
仕方ないなぁ(笑)ということで、何とかローソンチケットで3塁側の席を確保し、
見に行きました。

この日も朝から 少年野球の試合があったものの惨敗で、反省会をしながらの道中。
いつものようにナゴヤドーム近くの宮嶋先輩にお願いして車を止めさせていただき、いざ観戦!

観戦前に恒例のタイガースショップ名古屋店に寄り、特に買うわけでもなくぐるりと見て、
ナゴヤドームに入ると、何年ぶりかに会う高校時代の友人が仕事で来ていて声をかけられた。
おっ 何かいいことがありそうだ!

試合展開は、我々タイガースファンにはたまらん試合になりました!
高橋・今岡のホームラン、赤星の猛打賞に盗塁、打線がつながり得点続け、
アッチソン・ウィリアムズ・球児で〆る 最高の試合!7対4でタイガース勝利!
見事前回の試合のリベンジ!!!

タイガースファンの息子にとても いい試合を見せることができました。

ただ試合の中では、テレビでは見れないからな、と言って
いろんな野手の動き、特に投手である息子には、この場合どういう動きをするのか、
なぜこういう動きをするのか、
ランナーがこういうパターンは、次に何をしなくてはならないのか、
ひとつのミスがどうなるのか、試合には「流れ」があるということ、・・・・・。

まぁ 傍から見れば「うるさい親父」ですね。
そういえば自分もよくナゴヤ球場に親父に連れて行ってもらったときは、横で親父が
いろいろ説明してくれたな、というのもいい思い出。

横でうるさいのは遺伝ですね。ということにしましょう。
とにかく、最高の試合でした。万歳!バンザイ!BANZAI!

阪神ファンとトラッキーとラッキー    トラッキー②

トラッキー①    トラッキー③

ラッキー① ラッキー② ラッキー③

ラッキー④ トラッキー後姿 試合前の息子


[ 2008/09/16 00:55 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

ないに越したことはないけど・・・。

いろいろ噂になっていたというか9月13日に名古屋に大地震が来るという予言。
「この日」というのはめでたく?外れました。

先の盛岡に行った初日に震度3(北海道で震度5弱)があり津波注意報も発令。

どうせ予言、ノストラダムスだって外れたし、と思いつつもやはり恐いもの。
結構有名な予言者ということで、周りでも話題が尽きず、保険屋さんでは「地震保険」の加入者が
増えたという話も。

結果はこなかったわけですが、東海大地震、東南海大地震がいつ来てもおかしくない状態という。
ほかの地方・国で大きな地震があると、一時的に地震対策を考えるものの、地震にたいする対策・
意識は持続しない。

弊社では毎月1日に、携帯電話のサイトを使って「災害伝言板」にてお互いの安否確認を入れて
確認することを定例化しているが、それも対策の中のごく一部なこと。ただお互いの安否確認の
練習にはなっているので、来てほしくない当日にも使うことができるでしょう。

こないに越したことはないけれど、「備えあれば憂いなし」という言葉もあるように、
常に意識していることが大切です。そういう点では デマではいけないけど、今回のような予言も
たくさんの人に意識させる「良い機会」にはなったと思います。

でも こないに越したことはない。


[ 2008/09/15 02:14 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

MORIOKA 2日目

二日目の朝は 熱帯低気圧の影響で雨。
午前中に約2時間の講演会を聞いて、正午に青全交は終了しました。

マイクロバスをレンタルし、仲間の運転で夕方の飛行機出発まで観光に。
まずは盛岡といえば「わんこそば」

約30人で訪れたお店で全員わんこそばを体験。
汚すといけないので前掛けをして戦闘体制に(笑)

目の前にあるマグロのお刺身とそばのヤクミがおいしそう。
とてもわんこそばを食べるという雰囲気はなし。

最初はヤクミもおいしそう    マグロも最初はおいしそう

しかしお店の女性の方が、我々4人~5人に1人ついて、たくさんのわんこそばを持ってきてからは
雰囲気が激変。本当に戦闘体制に!
4人が空のお椀を前に出し、そこへどんどん掛け声をかけながらそばが入れられていく。
「はいどんどん、まだまだ、よいしょ、・・・」と。
まるで ツバメの子供が巣で親鳥が帰ってきたときに大きな口を空いて待っているようで。(涙)

最初は「ああ結構おいしいやん」から「麺だけで汁は飲んだら食べれんな」、
「あかん、ちょっと腹が張ってきた・・・」
限界を感じてくると、今度は周りのおわんの数が気になりだす。

自分のペースでええのに、なぜか競争意識が働きだすと、限界を超えだす。
もう一杯、もう一杯・・・・あかん、これで最後。としていると、知らなかったわんこそばの終了手順。
入れてくれる女性が、そばを入れる直前におわんの蓋をしめて机において終了。

しかし その説明をちゃんと聞いていなかったので、最後の10杯くらいは、女性に強引に
入れられた感がありました。ようやく終了。結果は80杯。かけそばで約5杯半ということ。
仲間で最高は約150杯。聞いただけでダウンしそう。
お店の人に聞いてみると、最高は約400杯ということ。・・・人間じゃない・・・。

見かけ倒しのトリオ    80杯は、かけそば約5杯半

わんこそば80杯証明書

それから満腹のお腹のまま、市内のお土産売り場へ。
そして岩手といえば宮沢賢治。花巻空港近くにある「宮沢賢治記念館」へ行きました。

こういう時に 本当に情けないのは国語が嫌いだったこと。
宮沢賢治の代表作の名前はいくつか知っていても、中身をさっぱり知らない。
だから記念館の建物の中以外にも敷地内にいろいろ自然のものも含めてあるのに、
何だかよくわからない。

ボランティアの方の観光ガイドがあったのですが、ちょっぴり方言が多くて
ほとんど聞き取れずに、またまた何だかわからない。ボランティアのおじさん、ごめんなさいね。

ただわかったのは、単なる詩人だったのではなく、戦争に反対するための行動もしていたということ。
そして、あの時代で「宇宙」に興味を持ち、望遠鏡ですでに土星の輪を見つけて、そのすばらしさを
多くの人に伝えていたこと。これはすごいですね。

注文の多い料理店

あっという間に過ぎた二日間。
普段 好きなんですがあまりできない旅行を兼ねての勉強会。
帰るとなるととても寂しくなりますね。

二日間 行かせてくれた社員さんたちに感謝です。ありがとう。
来年は北海道・帯広が会場です。来年も行きたいなぁ。

[ 2008/09/14 23:14 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

MORIOKA 1日目

毎年9月に参加します中小企業家同友会の青年経営者全国交流会(青全交)が、
今年は岩手県盛岡市で9月11日~12日に開催されました。

それでは1日目。
朝7時にセントレアに集合し、一路花巻空港へ。
大学生時代に札幌から東京上野駅に行く寝台特急に乗ったときに途中通っただけで、
実際には初めての東北地方です。
空港到着     花巻空港看板

花巻空港から盛岡市までバスで約1時間。
まだ青全交開始時間まで2時間くらいあるので、まずは名物料理を食べに行こうということで、
地元の方に教えていただき、岩手県庁近くにある「じゃじゃ麺」で有名な「白龍(パイロン)」へ。
じゃじゃ麺人気店「白龍」    じゃじゃ麺の食べ方

ちょっとくせがある味でしたが結構美味。
暖かい麺の上にたっぷり味噌。麺に具と味噌を絡めてからラー油と酢をかける。
本当はおろしにんにくもつけることが勧められたが、勉強会でディスカッション前だから渋々あきらめ。
量は中で結構多目。食べた後 お皿に生卵を入れてときほぐし、スープ(だし?)を入れてもらい
卵スープ(ちいたんたん)で仕上げ。塩コショウを加えて、これまた美味。
そして これで料金は550円!安い!! 外にはすでに行列が・・・。納得です。

じゃじゃ麺    ちいたんたん

お腹が一杯になったので、勉強中に寝ないために消化させるつもりで会場まで約30分の徒歩。
その途中、裁判所で見つけたのが「石割桜」

石割桜①  石割桜②  石割桜③

約400年前に石の割れ目に桜の種が入りこうなったということ。
名前の通り 石を割って出てきたのかと思いました・・・。
歩いてみるから発見できました。

さぁ 観光ばかりではなく ホテル缶詰状態の勉強会スタートです。
社員教育についての分科会に参加しましたが、全部で12ある分科会のうち社員教育のテーマは
2つ。その2つともが12分科会の内の人気分科会No.1とNo.2で、中小企業経営者にとって
やはり社員教育というのは一番の課題なんだと改めて認識しました。

ただし、どうやったら社員さんが働くか?というような考え方や手法の勉強会ではなく、
社員さんの人生における自己実現をいかに会社という場で発揮させることができるか、
中小企業ならではの経営者と社員さんの直接のコミュニケーションをどうとっていくのか、
どうやって共に育つ関係づくりを経営者自らが築いていくのか・・・という学びの場で、
約1時間の講演と2時間を越す小グループにおいてのディスカッションを行いました。

分科会による勉強会     盛岡の歓迎パーティにて



[ 2008/09/13 22:00 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ