FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

さぁ気持ちよくスタート!

2月15日(金)夜、知多半島最南端にある「まるは食堂旅館」へ。
中小企業家同友会の役員準備会をお泊りで。

ひらめの刺身   まるは食堂①

翌日は 会社での経営指針発表会のため、一泊はしても朝早くには会社に帰らなくては
なりません。おいしいお料理と 気持ちいいお風呂を堪能し、翌日は5:30起床。

朝から温泉に入り、まるは食堂旅館の外へ出ると、気持ちのいい朝焼け。
ちょっと回りを散歩してみると、私の住む田舎でも見られないくらいの「とんびの大群」。
海には海鳥の大群。

とんびの大群   海鳥の大群

気持ちいい朝焼け   まるは食堂②

朝日というのは 一番パワーが与えられると聞いたことがあります。
身体全身に浴びると 本当に気持ちがいい。パワーが最大に!(単純)

そのパワーを注入したまま会社へ。
朝9時からの経営指針発表会。例年より様々な準備の関係で1ヶ月遅れとなってしまった。
これは大いに反省。

年々ページも増え、内容も少しづつ具体性が増え、
そして何より社員さんたちの目の違い。これが一番自分へのプレッシャーですね。
この心地よいプレッシャーが朝日以上のパワーになります。

経営指針書

無事発表会も済み、夕方前からは社員さんと協力職人さんたちで工事会議。
もうこれはすべてお任せです。私の出番はありません。

ちょっと遅れたけど、遅れなど充分取り戻せるスタート!ヨーイドン!!

スポンサーサイト



[ 2008/02/17 23:23 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

久しぶりの積雪

2月9日  久しぶりの積雪でしたね。

お昼前からすごい雪。
その時 地元の病院にいたのですが、診察が終わる頃には車が雪の中。
これから会社に行かなきゃならんのに、この雪で行けるだろうか?
いやいや それより行けても夜帰れるだろうか?

恥ずかしながらタイヤはスタッドレスもチェーンもなく、
そのまま夏タイヤ(普通のタイヤ)で 一路名古屋へ。あぁ無謀。

北海道の雪道を経験している分、走り方も知っているが、
それ以上に怖さも知っているつもり。

何とか名古屋の事務所に着くことができたが、途中高速道路など通行止めなどの影響で
何と3時間30分以上かかった。

名古屋は雨に変わったが、帰る頃にはまた雪に。
まぁ何時間かかってもいいや、と思いながら帰ったが、帰りは2時間弱で帰れました。

雪が降るとワクワクしていたのに、最近はブルーな気分になるのは年のせいか。
まぁこれが平日じゃなく土日で良かったなぁ。仕事に大影響あるからね。

雪が積もったときの 一つの楽しみは 夜の風景。
冷凍庫の中にいるようで 寒いというより冷たい感じがするのですが、
雪によって普段真っ暗なところでも明るく見え、異常なくらい「しーん」として音が何も
しないということ。(あっ これは田舎だからね)
なぜかずっと見ていたくなる。うーん、これは年には関係ねぇ!だろうか・・・。

雪の日の夜

20cmの積雪

夜と同じ場所から撮った風景


[ 2008/02/10 23:16 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(2)

お伊勢さん

2月2日  二日目。

朝は鳥羽駅にある鳥羽一番街へお土産買いからスタート。

鳥羽一番街

私は伊勢神宮へ行くのは初めてで、とても楽しみにしていました。
昨年から熱田神宮、氏神様の綿神社と定期的に参拝させていただきながら
やはり本宮のお伊勢さんには 行きたいなぁとずっと思ってましたからね。

鳥羽グランドホテルの方から、
「伊勢神宮に厄祓いに行くなら 二見浦の二見興玉神社へ行ってお清めしてからがいいよ」
と言われ 一路二見浦へ。あぁ夫婦岩。何年、いや何十年ぶりだろうか?

二見興玉神社へ  夫婦岩

なになに・・・  蛙岩


そしていよいよ伊勢神宮へ。
伊勢神宮、と言えば 時の話題は「赤福」。
初体験の「おかげ横丁」を歩いていても たくさんの人から「赤福」という言葉が耳に入る。
あぁ ここが赤福本店だね・・・。御福餅は?・・・。

おかげ横丁を抜けると いよいよ伊勢神宮(内宮)へ。
・・・後から聞いたんだけど「外宮」から参拝しなくちゃならんかったようだ。まぁ仕方ない。
  二見浦へ行ってお清めしたから まぁいいか!

表現が適していないかもしれないがパワースポットである伊勢神宮。
宇治橋の鳥居をくぐると なんともすがすがしいというか 何ともいえない爽快な気分。
何百年、何千年たつのだろう?と思わせる大きな木々からのパワー。
思わず手のひらを向けてしまう。

御正宮までの道のりは結構あるものの 疲れを感じさせない。
雨は降らないものの曇り空なのに 晴れ晴れした感じがする。なんだろね?
思い込みが強い性格は否めないが、それでも気持ちがいい。

そして御正宮へ。参拝。感謝。
初めての伊勢神宮でしたが、また行きたい、何度も来てみたいと思えるところでした。

そして おかげ横丁へ。
さぁ お土産買うぞ!

残念ながら赤福は6日から営業再開ということで、何とか御福餅だけでもと探し回る。
ようやく見つけた御福餅。みんなでたくさん買って おかげ横丁を歩くと
すれ違う人から 手に持つ御福餅の袋を食い入るように注目される。
たまに「どこで買ったん?」って聞かれることも。
おかげ横丁のお店の人に聞いてもわからないような場所で売ってました。

そして最後のお楽しみは「松阪牛」
松阪市内まで移動し「一升びん」という焼肉屋で食べつくし。
松阪牛は本来 焼肉というより すき焼き・しゃぶしゃぶ という食べ方の方が適している
らしいが、我々にはそんな上品な食べ方よりやはり焼肉だね。

何年ぶりかという同級生も一緒でしたが、小中の同級生はまた高校生とは違う「連れ」と
いう感があり、またこれも楽しい旅行になりましたね。
みんな 二日間ありがとね。

宇治橋鳥居  御正宮までの道

御正宮

これよりおかげ横丁  おかげ横丁

太鼓が鳴り響くおかげ横丁  閉まってる赤福本店


[ 2008/02/04 21:37 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

大厄祓い

2月1日
私が住む地元では厄祓いということで「貴船神社」へ。

貴船神社


とうとう迎えた42歳(数えで)の大厄。
同級生6名と共にお祓い。

42歳だけでなく他の年の厄の人もいるので全部で40名程度が順にお祓い。
大厄6名全員で御餅とお酒二升を奉納し、それぞれが42個の丸いものも。
ちなみに私は和菓子屋のお饅頭を。

お祓い後、自宅に帰る前に その42個のお饅頭を今年厄に関係のない家に
分けさせていただくことで厄を祓うというもの。

配る側としては受け取っていただきたいが、厄を受け取ってくれるのかとても不安。
田舎の良さなのか、お分けに回ると まずは一言
「おめでとうございます」と。 ・・・おめでたいのか?

結構すんなりというか、3ついい?とか言われお渡しするほど。
うーん、気にするほどのことはなかったなぁ。20分程度ですべて終了。

まぁ42歳(数えで・・・しつこい!)を迎えることをできたということでは
「おめでとうございます」なのでしょうね。 「ありがとうございます」


その後は、同級生8人で1泊で伊勢神宮に向うために一路鳥羽へ。
この日は鳥羽グランドホテルに宿泊し、翌日は伊勢神宮へ・・・。
ウチの地元では、伊勢神宮へみんなで行くのは恒例らしい。
何にしても 久しぶりの同級生同士の旅行はいいなぁ・・・。

・・・・翌日につづく。

ホテルから見える風景①  ホテルから見える風景②


[ 2008/02/03 11:48 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ