FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

お客様の情報を守る、と社員さんを守る

昨日は不動産・建設業の中建さんで、ネットワークカメラと緊急通報装置の工事でした。

中井社長様は、
●お客様の大切な個人情報を確実に守りたい
●社員さんたちが安心して働ける安全な環境をつくりたい、
と言われ、今回の導入となりました。

24時間カメラにより不審者を監視し(目)
侵入を防ぐための威嚇になるセキュリティシグナル(光)(音)、
万が一不審者が侵入した場合は、携帯式カード型緊急ボタンで、ベルの音威嚇と
外部への通報により 異常を知らせる・・・・

日中 女性社員さんだけの職場だと、不審者など何かと心配事があり、
ボタン一つで本人たちもビックリするくらいの大音量。
警察発表では、99.9%の確率で「音」による威嚇効果があると言われます。

事業所などに侵入する泥棒が狙う金額の平均値は驚きます。
「2万円」です。
ウチは盗まれるものがないから・・・は通じない世の中になりました。

できる「安全」は確実に行い、お客様・社員さんに「安心」を提供するための
セルフセキュリティシステムです。
カメラはこんな感じかなぁ  ちゃんとついた!

緊急通報カード式ボタン  外へはサイレンと光で知らせる

中建様  お使い方の説明中

スポンサーサイト



[ 2007/08/29 18:34 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

ネットワークカメラ工事(Poeタイプ)

二日間の工場でのネットワークカメラ工事。

数箇所あります工場の設備の稼動状況・人の配置状況・安全状況確認など
離れた場所から確認できることを目的にしたネットワークカメラ工事です。

ネットワークカメラ工事にはLANケーブルの配線と、電源工事が必要ですが、
今回はPoe(給電)スイッチングHUBを使い、各カメラ設置場所での電源工事は不要でした。

PoeHUBというのは、LANケーブル1本で、ネットワークの信号と電源供給を
同時に行うというものです。

これは作業工程を短縮でき工事費(部材費含む)をコストダウンでき、
PoeHUBで一元管理できるため、運用上でもメリットがあります。
但しPoeHUB自体が高いので、導入時のコストダウンが必ずしも実現できるとは
いえません。(我々工事業者は助かります)

ネットワークカメラの録画は、専用のソフトを使うことが多いのですが、
ソフトを入れているパソコンへの依存が高すぎることと、
カメラ台数が多いほど、メモリを使うのでパソコンで画面が固まるなどの不具合
がでることが多いです。
そこで、専用の録画装置をお薦めしています。

メーカー提供でカメラ数台以上を同時に録画しようとすると100万円を超えるものがほとんどですが、いつもご提案させていただくのがViostorという機器で、定価ベースで45万円です。
Linuxベースで動いているために安定しており、外部からも直接接続して
録画映像を確認することもできます。

カメラが防犯だけでなく、日常的な状態監視やマーケティングなどで
活用される場面が増えています。

カメラはここにつけようかなぁ  約4mの高さを移動中

ちょっと休憩中  さぁやるぞぉ 図面で打ち合わせ

大蛇?ケーブルを通す配管です  LANケーブル

高所で作業中  配線はキレイに

カメラ装着完了  検査室にはこのカメラ

パソコンでカメラ設定中  カメラはすべてパソコンで管理

パソコンの画面はこんな感じ  録画装置と給電HUB

[ 2007/08/26 09:11 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

増えてきた入退室管理システム

今日は 株式会社シー・アール・エムさんでの入退室管理システムの工事でした。

印刷に関わる業種の中で、先進的に昨年プライバシーマークを取得され、
合わせて昨年から入退室管理システムを導入していただいており、
今回は事務所スペースにおけますシステムをご提案させていただきました。

松下電工から今年の春に新発売になった「デイリーACE」というシステム。
非接触カードを使って1ゲートの入退室管理を行うというもの。
パソコンで全て管理ができ、非接触カードの代わりに「お財布ケータイ(Edyカード)」も
使用できます。
またこれまでコストが高いとされていましたが、かなりの低価格になっています。

低価格で運用性も良いというのが特徴ですが、
そもそも入退室の管理自体が大変面倒なことであります。

しかしシー・アール・エムさんのように、そういった面倒さはあっても、
プライバシーマークを取得したり、こうしたシステムを導入することで、
同業他社への差別化、お客様へのさらなる「安心」のご提供につながると言って
積極的に取り組まれています。松村社長!すばらしい!!

カード認証機  セキュリティカード

電子錠です  ドアに穴を開けて

はまるとこんな感じ  ドアの横にこんな感じ

コントロールユニットの中はこんな感じ  コントロールユニット

配線は見えないように

[ 2007/08/22 22:27 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

雨乞いは洗車に限る!

連日の猛暑。でもちょっと過ごしやすくなったかな?

私の家から近い多治見市では連日40℃を超す日本最高記録を継続中で、
今日は35℃というと あぁちょっと過ごしやすいね、という変な会話。

家の車と会社の車も汚れてきていたので、
ほんのちょっと涼しくなった(といっても35℃超えてるし)から、
車でも洗おう、ということで車洗い。

こういうことする日に限って雨が降るんだよなぁ って思っていたが、
洗っている最中はいつも通りのカンカン照り。

お見事!その後2時間もしない内に「その時」はやってきた。
急に真っ暗になり、突然の嵐。
雷鳴は轟き、一時停電にも。雨は風邪と共に横殴り状態。

あぁあ。
最高の雨乞いは洗車に限ります・・・。(涙)

それからはクーラーが全く必要ないくらいの涼しさ。
うーん快適・・・でも・・・・。
[ 2007/08/19 23:15 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(2)

避暑へ

連日の暑さ・・・。もういいって感じ。

昨日はお盆休み最終日。
家族を連れて、七宗町の神渕川で川遊び。

毎年夏には来るところ。
蛍もたくさん見れるところで、自宅近くで見れることを気づかなかったときは
よく蛍も見に行きました。

あまり人が来ないところで遊ぶので、
ラブラドールの愛犬ハナを放飼いにしても全然問題なし。
だから いつもここに来ます。

山の中だから、いろいろな生き物もいます。
私はアブに刺されたし(正確には咬まれた)、めだかは2歳児でもすくえるし、
1mを超えるヘビも泳いでいるし・・・。

まぁ田舎ならではですね。

川の水は冷たく、こんなに暑い日でもドボンと入ると
心臓が止まるんじゃないかと思うくらい冷たい。
その点 子供たちはすごい。そんなことお構いなしですぐに水の中へ。

4時間くらい遊んで家に帰ると、何この暑さ?
また汗がダラーー。いつまで続くんでしょう、この暑さ。

ごはんはまだかなぁ?  遊びつかれたハナ

[ 2007/08/16 21:44 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

火災報知器

猛暑が続き北海道では火災報知器の誤作動による消防車の出動が
300件を超えたということです。

日本全国 猛暑なのに何故北海道だけ?
実は家のつくりに原因があります。

北海道では雪がとても多く降るので、屋根に積もった大量の雪が落ちて、
下にいた人が怪我をしたり死亡するということがあります。
そういったことを防ぐために、瓦屋根にせず平らにして大量の雪が積もっても
家がつぶれないような頑丈なつくり。
保温性を高めるために、屋根裏には隙間がないくらいの断熱材。

玄関もフードがあり、窓も二重窓(ペアガラスではない)。

すべてが冬のための建物なのです。
私も大学時代4年間 札幌に住んでいたのでよくわかります。

夏は鉄筋のマンションでもクーラーが要らないし、
冬は岐阜の家よりも家の中はあったかい。

熱感知器は主に「定温式」「差動式」の二種類になります。
定温式は60℃~65℃になると感知します。
差動式は急激な温度の上昇に感知します。

定温式 差動式

今回特に反応したのは、定温式です。
屋根からの暑さ、部屋の中からは暑さが逃げない、それで天井近くの温度が
上がり60℃~65℃を超えたと思われます。

住宅用火災警報器の設置が義務化されてから、設置された家が増えたことも、
この誤報の件数に比例していると思います。

いずれにしても いい加減にして欲しい暑さですね。
[ 2007/08/15 21:11 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

ペルセウス座流星群

真夏の天体ショー!?

13日明け方に 1時間に30個以上の流星群が北東の空で見える、
ってことで、朝3時に起床(私はそれまでDVDを見て起きてましたが)し、
家族を連れて車で山の上へ。

現地はすでに3:30を過ぎたころ。
もう北東の空は朝焼けになりかけ。

じっと見ていたけど、段々雲が空を覆い始め、
結局二つしか流星は見れなかった。残念・・・・。

結局収穫は 何故かカブトムシのオス1匹、メス1匹と
コクワガタのオス1匹・・・。何しに行ったのか?

でもこれも夏の思い出の一つですね。
[ 2007/08/14 09:39 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

あっ アンコール!?

昨日は近くの川辺町で花火大会でした。
岐阜の中濃東濃地域で たぶん一番いい花火じゃないかなぁ。
時間は約1時間で、ダム湖からの打ち上げ花火と水上の花火で、
短時間でいろいろ凝縮されていて とても良い。

中濃地域でお金ばかりをかけて、時間も長くて
見ているだけで飽き飽きしてくる花火もあるし、
最近事故により中止していた地域の花火では、派手なら良いかといって
スターマインだけをやたらと繰り返すところも今ひとつ。

わびさび という風情をわかるような高尚な人間ではありませんが、
何かこうバランスというもの、強弱というもの、見せるパフォーマンス、
それが良いんですよね。

今回ビックリしたのは 最後のスターマインに感動していたら、
マイクを使って「アンコール!アンコール!!」と。

えっ?花火でアンコールなんて聞いたことないでぇ。

そしたら最後のスターマインでもすごかったのに、
それ以上の感動できるスターマイン!!

近くにいた女の子が「あかん 泣いてしもーた・・・。」と。

それくらい感動できる花火でした。
田舎ならでは・・・?
見せ方・驚かせ方 が感動を呼ぶんでしょう。

先輩の経営者から言われた言葉を思い出します。
・・・お客様が感動する「感動」は何から生まれると思う?
それは「予想外」の驚きからだよ・・・ と。

携帯で撮るとこんなもん?  水上花火ってわかります?

[ 2007/08/12 23:22 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(1)

愛着、感謝

今年で5年目になる愛車smartと 今日はお別れの日でした。

私のような重い体重の男を、何と5年間で130,789kmを走ってくれました。
エンジンはメルセデスのためか この5年間故障という故障はなかったですが、
電気系統には本当に泣かされました。本当にいくら使っただろうか?もう1台買えた?

そのたびにメルセデス販売店で言われました。
お客様のようにsmartでこんなに距離を乗る人は他にいません。
いろんなデータが取れて助かります、と。
その分 値引して!と言っても それは通じず。(笑)

あまりの故障の多さに、何度嫌になったことか。
それでもこうやって別れる日になると、新車にドキドキというより
なぜか寂しい気持ちになる。

一昨年は停止中のところ、後からベンツに追突される事故がありました。
でも車も後フェンダーが曲がった程度で、車も私も(笑)なんともありませんでした。
電気系が弱くても 安全性の高さを実感した事故でした。

そうだ、あの時も守ってくれた車だ。
こんな長い距離を、smartという車の性質を全く無視したような乗り方でも
5年間乗り続けることができた。

新車を納車してくれた友人である矢神自動車さんが引き上げていくsmartの後姿が、
なんとも言えない感じがしました。

ある意味 私のトレードマークだったsmart。
故障に泣かされても、やっぱり愛着はありました。
5年間ありがとう。そしてお疲れ様でした。

smart前  smart後

smart横  走行距離

[ 2007/08/08 22:28 ] 社長のひとりごと | TB(1) | CM(2)

防犯教室(北署)

今日は会社の地元である北区の北警察署(署内講堂)で、
地域の防犯委員(自治会長?)が約30人集まり、
夏の安全な町づくり県民運動(愛知県)に伴う侵入盗多発地域の防止会議として
「侵入盗対策防犯教室」が開かれました。

地域の防犯企業としてではなく、今回は愛知県セルフガード協会の
防犯設備アドバイザーとして、防犯について設備機器の講和を含め、
ガラス割りの実演に行ってきました。

ちゃんと話してます  ガラス割り実演へ

防犯4原則「時間」「目」「光」「音」をもとに、
侵入されたらどうするか?ではなく、いかに侵入対象から外させるか(泥棒から)、
地域の「目」とコミュニケーションによる犯罪防止について、特に重点にしたお話を
させていただきました。

しかし、別に悪いことをしているわけでもないのに、
どうして警察署に入る時って なぜかオドオド、ドキドキするんでしょうね?(笑)
[ 2007/08/04 16:11 ] セキュリティ | TB(1) | CM(0)

ラジオ体操

今朝は子ども会のラジオ体操当番。
といっても、ラジオを持っていくだけなんですけどね。

台風も通り過ぎたのに、風は強くても生暖かい感じで、動かなくても汗が出る。
近くの神社が自地区のラジオ体操の場なので、6:25までに行くことに。

いつからでしょうかね?
自治体(学区?)によって違うのかもしれませんが、
ウチでは7/21~8/3、あとお盆後から8/31まで で土日は休み。
同じ町内でも子ども会の違いで開催日まで違います。

自分が子供の頃は、とにかく毎日あった覚えがあります。
それに親がラジオを当番制で持ってくるのではなく、子供たちだけで
ラジオも用意して運営していました。

今は何かにつけて親の出番が多いんですね。
子ども会一つとっても、行事は子供たちで考えていたのに、
今は限られた予算で親たちが考えて、どこかへ行ったり、バーベキューしたり。

自分たちの頃は子供だけで会議を開いて、肝試しをやるとか、公民館でお泊り会をするとか、
そんなことを自分たちで企画していた覚えがあります。
(もちろん 親たちも関わっていたでしょうが。)

小学校も何かにつけて「親」が出て行く機会が増えています。
子供とのふれ合い、学校への意識などが目的なのでしょうが、
子供たちの自主性・自立性という点では どうなのかなぁ?

眠気眼をこすりながら ラジオ体操第一第二をしながら
そんなことを考えていました。

来ているのは親が3人と子供8人。
そういえば昔は地域のおじさんおばさんお年寄りも来ていたのになぁ・・・。
(白のランニングシャツに肌着のような半ズボンのおじさんたちが懐かしい)
[ 2007/08/03 22:48 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ