FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

シャッター付の駐車場は狙われやすい

最近 シャッター付の駐車場内の車・車内を狙う盗難が多発し、犯人グループが逮捕されました。

シャッターがついている駐車場は、高級住宅地に多く、シャッターで閉めているからいいやということで、車自体に施錠されていないとか、キーが付けっぱなししている人が多く、また家側に面した裏口のドアは鍵がかけられていないことが多いようで、敷地内に入ってしまえば比較的に簡単に駐車されていた高級車、車内においてあった現金や貴金属類などを盗み出せたということです。

シャッター付の駐車場に止めている方 普段どうですか?
○○だから大丈夫 という油断を突いてきます。
スポンサーサイト



[ 2007/01/30 14:35 ] セキュリティ | TB(1) | CM(0)

便利だけどええんかなぁ?USJ

竹中グループのセンサー見本市が神戸で行われ、こんな時くらいしか家族を旅行に連れて行ってあげれないので、ちょっとした関西旅行にしました。

楽天トラベルでホテルの予約をしたら、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)のオフィシャルホテルでホテル近鉄ユニバーシティに、オフシーズンということもあるんでしょうが、大人二人子供一人幼児一人で朝食付で何と18,000円!

近鉄USJホテル周辺 サービスクーポン

初めてのUSJ。
オフィシャルホテルのみのサービスクーポンもあり、チケットもホテルで買うと並ぶ必要がないなどと言われ、ホテルで購入。ホテルの人が「ブックレット7」というものも同時に購入すると、アトラクションに待ち時間が少なくて済むものもあるので、一緒にどうですか、と勧められ、USJだと4,200円するブックレット7もクーポンで3,500円で購入。
USJパスポート ブックレット7

何がなんだかわからないうちに、入場する前にえらいお金を使った感があり、まぁたまにだからいいかと思いながら入場しました。

そこでこの「ブックレット7」の意味がようやくわかりました。
まずは「ジョーズ」のアトラクションに行ったときです。その時すでに待ち時間50分と表示されており、たくさんの人が並んでいる横にブックレット専用の入場口があり、その並んでいる人たちを横目にどんどん前に進んで、とうとう1組待つだけですぐにアトラクションのボートに乗ることができました。

この勢いで他のアトラクションも、待ち時間90分などというところでもほとんど待つことなく入場したり乗り物に乗れたりしてしまいます。
このブックレット7がなければ、1日で結局いくつのアトラクションが体験できたかわからないのに、ほとんど全部体験することができ、初めてUSJに行った人間にはとても便利なものでした。

でも子供の教育にはよくないですね。
何かお金さえ払えば待たなくていい・・・なんてホリ○モンじゃないけど「こういう価値観」はたとえ便利であっても、やっぱり子供の教育には良くないですね。

そういう思いと葛藤しながらのアトラクション・・・。まぁまずは子供の喜ぶ顔が見れたから、今回はこれで良しとしましょう。
[ 2007/01/29 23:48 ] 社長のひとりごと | TB(1) | CM(0)

防犯機器は進化と多様化

竹中センサーグループ見本市

昨日 毎年1回この時期に行われます「竹中センサーグループ総合見本市」が神戸ポートピアホテルで開催され行ってきました。

前日のセルフガード協会の場でも言われていましたが、平成18年度の愛知県における住宅侵入盗は9821件となり、実は前年比20.3%の減少でした。これで3年連続で減少しています。これはセキュリティに対する意識の向上、セキュリティ機器の普及増大、地域などにおける自主的防犯活動などの成果による減少です。

皆さんの実感はどうですか?
犯罪自体の凶悪化、子どもを狙った犯罪の増加、住宅侵入も在宅中の忍び込みも増え、逆に増えているように感じる人の方が多いと思います。

セキュリティ機器も毎年進化し続けています。
年々増え続けているのは入退室の管理・侵入各種センサのワイヤレス化と検知機能の高度化、カメラと録画システムですね。

どんどん機器は高度化・多様化していくことが、安心して暮らせることにつながることが望まれますが、窮屈な暮らしは歓迎されません。当面の対策である「安全」と、本当に追求しなくてはならない「安心」の両面を我々ベンダーは求めていかなくてはなりません。
[ 2007/01/28 23:48 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

星野ジャパン -五輪とWBC-

我らがタイガースSDの星野仙一さんが正式に2008北京五輪出場を目指す野球の日本代表監督に就任しましたね。また楽しみが増えました。

ちょっと違う視点から。
もともとオリンピックとはどういうものなのでしょうか?
世界の国が集まるスポーツの祭典で「参加することに意義がある」なんて言葉もよく聞いた覚えがあります。ここで指摘したいのは「誰」が参加するものなのかということです。

WBC(ワールドベースボールクラッシック)で活躍したイチローが五輪について「五輪はアマチュア選手のもの」と言って、長嶋ジャパンの時から辞退してきた。今回も同じ発言をしています。
WBC選手選抜のときに、「イチローという選手はもともとこういった日本を背負うようなものが好きじゃないからWBCも辞退するだろうな」と私は考えていましたが、自ら出場したいというくらいのアピールに大変驚かされたことを覚えています。

イチローの中にはWBCはプロを背負う選手の頂点、日の丸を背負うに値するもの、五輪はアマチュアの頂点でプロの選手がアマチュアの選手の権利を奪ってはいけない、と考えているのでしょう。

今回の北京五輪の日本代表編成委員会の委員長は、全日本アマチュア野球連盟の松田会長です。松田会長の発言も「星野監督にはプロ野球の選手で最強チームを作って何としても優勝して欲しい」というもの。

阪神球団代表(私は勝手にそう思っている)として星野さんが監督をつとめるので、どんな手を使ってでも輝いて優勝してほしいという思いがあります。もしこれが星野監督じゃなく、タイガースにゆかりのない人だったらどうか?やはり上記のようなイチローが指摘している疑問がありますね。(いやぁ勝手ですね)
[ 2007/01/25 21:32 ] 社長のひとりごと | TB(1) | CM(0)

防犯ブザーいろいろ

子ども(特に小学生)が携帯する防犯ブザーもいろいろな種類が出ていますね。普及率もかなりのもので、学校によっては入学時の教科書を渡すのと同時に防犯ブザーも渡すところが増えてきています。

昨年はプロ野球オリックスブルーウェーブ・清原選手の人形タイプの防犯ブザー「かわいい子になにしとんねん!われぇ!」のような威嚇をするものが販売されよく売れたそうです。最近では「名札型」のものもあり、名札の裏にある紐を引っ張ると100db(デシベル)の大音量べルが鳴るというもの。100dbというのは電車が近くを走っていても聞こえるくらいの音ということです。(鳴らした本人もビックリしそうですね)

昨年から出始めた各携帯電話会社が提供した子供向けの携帯電話や、変わったところでは、たまごっちのようなゲーム機にも防犯ブザーがついていたりとか、本当にいろいろな種類が出てきています。

ウチの子を見ていて、「その時」に本当に使うことができるのか?と思ってしまいますね。
自分が子どもの頃でも、知らない人に声をかけられたらついて行っては行けないと教えられていました。それと同じように、危険を感じたら必ず防犯ブザーを鳴らすように、と日頃から訓練でもしていないととっさの対応は難しいのではないでしょうか?

子どもだって大人が心配しているほど「危機感」というものはないと思います。だからこそ日頃の家庭・学校・地域による訓練を含めた防犯意識の向上、普及教育が必要なのでしょうね。
[ 2007/01/23 18:23 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

本当のニーズに応えること

またもや起きた不祥事。
関西テレビの「あるある大辞典」での納豆ダイエット。スーパーで納豆が売り切れ続出まで出た騒動。ちなみに70歳になる私の母親も納豆を買うために朝10時オープンに合わせてスーパーへ通ってました。(笑)

スポンサーというお客様に応えるために「視聴率」取りを優先した結果が巻き起こしたもの。番組制作側としては、視聴者であるお客様と、スポンサーであるお客様が存在します。視聴者を騙してまで視聴率を取ることが結果としてスポンサーまで裏切ることとなった。

本当のお客様のニーズは「役立つ情報」であるはず。

話は変わって、昨日は宮崎県知事選挙でタレントのそのまんま東さんが当選した。度重なる癒着による不信感が県民にあるにもかかわらず、保守系政党から選出された候補者は「官僚出身者」ばかり。

宮崎県民の求めた知事(ニーズ)は「改革できるしがらみのない人」というのは最初からわかっていたはず。

何を本当に望んでいるのか、望まれているのか、企業倫理・政治倫理である「理念」から外れるとこういうことが起きるという教訓だと思います。
[ 2007/01/22 10:59 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(4)

1月17日

もう12年もたつのですね。
朝5時47分に、普段は寝ていれば地震で目が覚めるなんてなかったのに、この日ばかりは かなり大きな横揺れを感じ約1分程度でしょうか、とても長く感じた地震でした。

大急ぎでテレビを見ても関西地方で大きな地震があっただけという報道。詳細が全くわからず、そのまま仕事へ。
車の移動が多かったのですが、当時はあまり車中でラジオを聞くという習慣がなかったので、ただ大きな地震があったなぁという感じだけでした。

お昼ごはんを食べに喫茶店に入ると、そこにあるテレビから目に飛び込んできたのは全く想像もしていなかった惨劇ニュース。映像では空からの火事の撮影だけでよくわかりませんでしたが、2000人を超える死者が出ているという信じられない報道。不謹慎ですが20人というレベルではないことがこんなことが本当に起きるのだろうか?とドキドキして何も言葉を発することもできませんでした。あの時の感覚とテレビ映像は今でもよく覚えています。

1週間ほどたつころ、仕事先の関係でトラックに自転車を積んで救援物資を運びに行き、実際の現地を見ましたが、テレビ以上の悲惨な状況でした。交通機関がマヒしていたために自転車やバイクが交通手段になっていました。
あまりの悲惨な状況とは裏腹に、復旧・復興に向けてがんばっている人たちを見て凄さを感じました。その数日後に地下鉄が復旧するという回復スピードにも驚かされました。

東海・東南海地震が起きると言われ何年もたっています。
このまま何も起きずに過ぎれば良いと思いたいのですが、そうはいかないでしょう。予測もできないほどの状況を予測して「その時」に対する対策・対応を家庭・仕事場・地域などで、気を抜かず考えていかなくてはなりません。時間がたてばたつほど忘れたり油断するものです。
だから「今日」のような忘れてはいけない日をみんなで考える必要があるのです。
[ 2007/01/17 18:59 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

不二家 ~責任と罰~

シューアイス(シュークリームの中がバニラアイス)が好きで、よく買いに行きました不二家までやってしまいました。

昨年の夏に北海道の工場で細菌が発生した問題から管理方法について問われていたのに起きた問題。そして過去数年前から18件の消費期限切れの材料が使われており、さらに輪をかけるというか止めを刺すような昨年秋にはこういった状況を把握しながらも公表したのが先週ということ。クリスマスシーズンでケーキ類などお菓子を売るだけ売ってから公表というのは全く考えられないこと。現場責任者の判断と言っているようですが、結果的にはすべて経営陣の責任です。

お客様に対する裏切りはもちろんのこと、不二家というブランドを信じてきた社員さんたちへの裏切りも大きい。

今日 社長が「責任を取って辞任します」と会見を開きました。
辞任をしないと批判を受けるが、辞任自体が責任をとることになるとは思えません。社長自身の名誉にも傷がつくことが罰にもなるのでしょうし、また不買運動などで会社自体も大きすぎる「罰を受ける」ことになります。経営者(経営陣)なら「責任」というものをどう取ることが大切なのか。

再発防止、社員さんたち、お取引先への謝罪と保障・・・・。
一瞬で失った信頼を取り戻すことはどれだけ時間がかかるかわからないが「その日」までは最大限の努力を続けるしかない。辞めることが責任を取ったことにはならない。社長を辞任しても関わっていかなくてはならないと思う。
[ 2007/01/15 23:42 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

企業・地域で取り組む防犯活動①

特に昨年から地域における自主的な防犯活動がさかんになってきています。

また企業においても、運送会社や商社の社用車に「防犯用車両」などと大きなステッカーをつけて、営業中にも目を光らせているというアピールをする企業も増えてきました。

今日紹介しますのは、静岡県のある商店街の取り組みです。
お得な安売りサービスのサービスタイムとして午後2時から4時という子供の下校時間に合わせてタイムサービスを行い、買い物客を増やすことで、子どもを“見守る目”を増やすというのが狙いです。

子どもを見守るというより安売りの値段と商品に目が集中しそうではありますが、こういった防犯を意識した地域・企業の取り組みで「できることからやる」という活動が増えていくことが大切であり、防犯4原則の「時間」「目」「光」「音」のなかでも、いつも言うように「地域の『目』」が一番効果があります。
[ 2007/01/11 18:05 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

銀世界

銀世界の庭雪の中の息子と愛犬ハナ

朝起きたらすごい雪。あたり一面が銀世界。
ここまでの積雪は今シーズン初めてですね。
午前中一杯降り続いた雪は、私のちょうど脛(スネ)くらいまで積もり、雪が降り続く中 息子と愛犬ハナと雪遊び。
仕事をしている身だと、あぁ今日が日曜日で良かった。車で動けない・・・。

朝起きたときは道に積雪がなかったのですが、どんどん降り続いてとうとう道路も積雪に。
子供たちと遊んでいましたが、次は道路の雪かき作業。毎度のことです。

最近の家の屋根には「雪止め」がついています。
今日のような雪が大量に降ったときに、雪が屋根から落ちてこないためです。雪止めがついていると、屋根の上で雪が落ちずに解けるまで止まっています。
しかし古い家だと雪止めがないために、屋根から固まりになった雪がドカッといっぺんに落ちてきます。今日もお迎えの家のおばさんが雪かきをしながら直撃をしていました。
ぎゃーと悲鳴を上げる程度で済んでいましたが、自動車が走っているところに直撃したりすると事故につながり、また人に直撃しても大怪我または死につながることも予想されます。
年に何度あることではないですが、そのときのための対策は必要ですね。ウチの古い家の屋根にも考えなくてはなりません。専用金具だけを取り付ける対策もあるようです。

雪はこのように生活にいろいろな被害をもたらすことはありますが、この年になってもやはり降って積もるとワクワクします。
こんなに積もって子供たちが喜んで走り回れるのも田舎の良さでしょうかね。そういえば名古屋も雪が積もったんでしょうか?
[ 2007/01/07 22:19 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

初えびす2007

初えびす2007

さぁ今日から仕事始め。
昨年同様 5日からのスタートで、恒例の熱田神宮への参拝へ社員さんと共に。

と その前に社員さんの前で新年の挨拶。
坊主頭の理由を説明し、ここでも「何か悪いことしたんですか?」

さて気を取り直して神宮へ。
いつもは朝すぐに向かうところを今日はゆっくり目に向かうと、駐車場が全くなく、周辺に到着して駐車するまで1時間。これだけでちょっと疲れてしまいましたね。

熊手を昨年より大きなものを購入。
熊では毎年順番に大きなものを買うもので、大きくならなくても小さくならなければいい、と昨年聞いたので、とりあえず今年は大きなものに。
それと熊手を購入(正確にはお布施?)して鳥居を出るまでは無口で行かなければ意味がないと これも昨年聞いたので実施。ちなみに昨年は熊手を片手にお客様からかかってきた携帯電話で話しながら歩いてました。(笑)
けっこう鳥居までは距離があるので、まるで息を止めていたかのように苦しかったですが、何とか出口へ。

さて午後からはお客様への新年ご挨拶まわり。
ここでも丸坊主が目立ってしまい、どこへ行っても「何かしたんですか?」と。ハイハイ。
まぁ今年はしばらくこの話題になるんでしょうね。
[ 2007/01/05 23:49 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

21年ぶりの・・・・・

今年も新春マラソンからスタート!

新年明けましておめでとうございます。
今年も昨年同様新春マラソンからスタートです。といっても毎年のように走るのではなく、今年は地域の体育委員ということで設営係です。31日の昼間から設営をして、23時に集合して準備。カウントダウンを済んでからのマラソンスタート。
私の担当は、ゴール地点で参加者への景品渡しとぜんざいを配給する係。片づけをして家に帰ると2時過ぎ。家族はみんな熟睡中。こうやって新年を迎えました。

仕事の上で達成したい目標を決めてから、そのために何か自分の好きなことを我慢しようとして実は9月から禁酒しています。それまでは家で毎日ビールを2缶、焼酎をロックで1杯は必ず飲んでいましたがバッタリやめました。
そしてそして「新たなスタート」の意気込みを自分自身に与えるために何と21年ぶりの丸坊主にしました。
愛犬ハナと

野球少年だったので高校までは丸坊主だったんですが、それ以来のこと。ようし気合入れてがんばるでぇ!と思ったが、この歳で丸坊主にすると誰もが同じことを言います。
「何か悪いことしたの?」
一番最初に女房に「私に言えない何か悪いことしたの?」と言われ、2歳にならない娘には目を合わせてもらえず、親戚にも地域の人にも言われ・・・・。変わらず接してくれたのは愛犬のハナだけ。(わかっていないくらいニブイ犬なのか?)

今年40歳を迎え、いろんな意味で区切りになる年に21年ぶりの丸刈り。さぁすばらしい年のスタート!周りの言葉に負けないでがんばろう!
[ 2007/01/02 23:50 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(2)
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ