FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

似顔絵

20060228205645.jpg

最近 名刺で似顔絵が書いてあるものをよく見かけるようになりました。写真を入れている人も多いのですが、似顔絵っていうのは見る立場から見ると結構印象に残るんですよね。(絵にもよるだろうけど。)

何でも印象が大事や!と思い、友だちのkamero画伯に 名刺用に似顔絵を書いてっていったら とりあえず二つ出てきた。(kameroごめん、無断でblogに載せちゃったよ)

えーっ?俺ってこんなん?
まぁちょっとやせとるし(?)目が細くてあらへんやん。

社員さんに見せたら、すごく特徴がでてていいですよ、だって。(何でや!?)

あかん、kameちゃん まぁちょっとええ風に書いて!
普通 漫画にするとホンモンよりかっこよくなるはずやで。

そしたら「そのつもりで書いた」やと。失礼なやっちゃで。
あまりに良過ぎると偽造って言われるから駄目だって。
(kameroは実は一級建築士。最近妙に偽造という言葉に敏感や)

とりあえず「名刺用」は もうちょっと工夫して!って再度お願い。
kameroは明日から新しい生活に入るわけだが、注文のうるさい客のために今も書き直してるかもしれん。頼むね、kamero!新生活がんばれ!!

20060228205627.jpg
スポンサーサイト



[ 2006/02/28 21:09 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(2)

荒川静香の「魅せる」

 いつも冬の競技で見るのはジャンプとスピードスケートのみ。距離や速さで勝負の白黒がはっきりするからで、フィギアスケートのように人から評価・判定される競技は正直嫌な気がしていたのであまり見ませんでした。今回はメダルが取れていなかったことや、前評判なども含めてフィギアスケートに注目が集まっていたので、ついつい見てしまいました。

 荒川静香選手が見事金メダルをつかみ、そのシーンを見て感動しました。もっと感動したのはその後の新聞の記事です。フィギアの技やルールはさっぱりわかりませんが、評価・審査基準に惑わされ、評価されるための演技が結局それぞれの演技を窮屈にして 荒川選手自身も悩んでいたそうだが、評価よりあえて「魅せる」にこだわり、評価対象にはならないが自分の得意な上体を反らせて銀盤を横断する「イナバウアー」という技?を取り入れたということ。自分が得意とするものを前面に出したために伸び伸びと演技ができたということ。

 「自分を評価してもらう」ではなく「見てくれる皆に感動を与えたい」が前面に出たことが金メダルという成果にもつながったのではないだろうか。この点は私もとても学ばなければならない点である。以前ブログで「お客様のWIN 自社のWIN」について書きました。そこではバランスが大切だと言いましたが、どんなバランスが必要かということで、まずは「お客様にいかに満足してもらうか」というお客様ありき から始まることを明確にする必要がありました。

「魅せる」とは自分を見てもらうことが目的ではなく、見ていただく相手に感動をしていただく・感動を与える ということ。そのために自分の強み・得意分野を前面に出していくこと。そう感じた荒川静香選手の演技でした。
[ 2006/02/26 05:07 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

野球少年がワクワクする場所

今日はナゴヤドームでのお仕事。 野球少年で育ち 今でもトラキチでプロ野球に熱中する私は、野球場というだけでワクワクしてしまいました。 ナゴヤドームで作業
ちょうどレフトの守備位置が現場になったわけですが「ここで金本が守ってるんや」と言ったら 回りから「ここはドラゴンズの球場やで」と言われてしまった。 作業終了後には、ぐるっとグラウンド内を一周して回っちゃいました。よその現場とはちょっと違うワクワク感がありましたね。 今日の新たな商品発見です。 ふしぎテープ
ふしぎテープと言って、セロテープみたいなんですが、どちら粘着部分なのかよくわからないテープで、くるっと巻きつけたり、はったりすると接着剤のようにネチャっとしていなくても くっつくものでした。手がネチャネチャしない、はがしやすい、という利点があると思われますが、それ以外は何かあるのかな?
[ 2006/02/24 23:53 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

さぁ 何ができるかなぁ?!

WILLCOM

お客様から「全国を回る社員さんたちにノートパソコンを持たせようと思うんだが、インターネットができてグループウェアができればいいだけだから、WILLCOMから出たPDAみたいなやつはどうかな?」と相談があり、とりあえず導入しようということで、自分も興味があったから一緒に購入し、本日届きました。

SHARP製の「W-ZERO3」
聞くと大変な売れ行きで、お店に在庫がない状況だとのこと。どこに魅力があるのか?

今回は、
*まず第一にWILLCOM(PHS)同士は無料通話ができるということ。
*第二にインターネット接続がPHS経由、社内LAN経由、アクセスポイント(公衆設置アンテナ)経由ができるということ。
*第三にワード・エクセルが使えるということ。

こんなところから導入してみました。

いきなり分厚い取扱説明書から挫折状態。今日は忙しさにかまけて、社員さんに設定をしてもらっちゃいました。ありがとう。

さて一体どんなことができるのかワクワクしています。
会社で箱から出しているときに社員さんから「まるで子供が欲しかったおもちゃを開けるときみたいな顔してますよ」と言われてしまいました。そんなにワクワクしてはいないつもりですが、顔には出るんですかね?
[ 2006/02/23 23:49 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

いのち

一昨日 一人の経営者仲間が亡くなりました。その人は私の一つ上でまだ39歳。

持病があることは知っていましたが、まさかこんなに早く「いのち」に関わるようなものだという認識が私にはありませんでした。本人はもちろんなのですが、もっと周りの人間が気にしていれば「いのち」までなくすことはなかったのではないかと考えると、持病を知っていた一人として悔いが残ります。

とても明るく何でもがんばりすぎる人でした。
残された人が悔いたり嘆いたりばかりしていると なかなか天に上がれないというお話しを聞いたことがあります。それではもっとその方がかわいそうです。

もうがんばりすぎる必要はありませんよ。
ゆっくりやすんでください。合掌
[ 2006/02/22 15:43 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

防犯とプライバシー

camera

東京の成城地区で、警察が地域に防犯カメラ設置を促し、個人宅で自宅周辺を監視するための防犯カメラが増えているということです。最近では全国の商店街に防犯カメラ設置の動きがあるということがニュースで紹介されていました。

テレビでも紹介されているように東京の歌舞伎町では4年ほど前から防犯カメラが設置され刑法犯の犯罪発生が約2割減少したとのことで、確実に「防犯」には結びつくものだと思います。

成城地区の住民の方のインタビューをテレビで見たのですが、犯罪が減る期待と同様にプライバシーがなくなることの不安も言われていました。

カメラの性能は年々良くなっているために映像は確かに「えっこんなに見えるの?」というくらいになってきています。
何を重視するのか?が大切で、まずは防犯だと思います。
しかし、「プライバシー保護」ということは絶対に避けられないものでありますので、最近のカメラではプライバシーに関わる部分の撮影・録画ができないような機能のついたものもありますし、弊社のような設置業者がレンズ部分にマスキング(テープなどでプライバシーに関わる部分が映らないようにする)するなどして、プライバシー保護することは同時に求められます。
[ 2006/02/20 08:04 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

「聞く」と「聴く」

先日のメンターリングセミナーでの話。
メンターはコミュニケーションスキルをあげるためにも、相手の話を「聴く」ということが大切だということ。
「聞く」と「聴く」はどう違うのでしょうか?

「聞く」・・・集中しなくても耳に入ってくる
「聴く」・・・集中して相手のためにきくこと。字の通り耳と目と心できくこと。

セミナーでのワークショップでは、二人一組になり片方が一生懸命話し、もう一方は他ごとしながら集中して聞かないということを行い、一生懸命話していた人はどう感じるのか?というもの。

両方とも体験したわけですが、全然違うことをメモしながらでは相手の話はほとんど理解できませんでした。(相手の話は「音」として耳にはいってくるだけ)
また一生懸命話しているのに相手が他ごとしていると 段々腹が立ってきましたね。

家でも女房が話しかけてきているときにテレビを見ながらってことがあり「私の話聞いてる?」ってよく言われることがあることを反省。社員さんが話しかけているのにパソコンなどで作業しながら聞いていることを反省。

話を聞くときは「聴く」姿勢を意識しよう!
[ 2006/02/19 02:44 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

たばこの表示の疑問

「たばこを吸うと脳卒中になる可能性があります」
正確な表示内容は忘れましたが、お客様と話しているときにお客様のタバコ箱の表示が目に入ってきました。たばこを吸わない私なので今日はじめて気づきました。

これには驚きました。
自社製品に「これはお客様のためになりませんよ。害がありますよ」って表示しているのですよね?

タバコは吸いませんがお酒は飲みます。もし焼酎に「このお酒を飲むと肝硬変になる可能性があります」とあったら買うだろうか?まぁ飲みすぎなきゃいいかと思って自分は買って飲むと思いますが、一般的には購入者は減るのではないでしょうか?

お菓子に「このお菓子を食べると肥満になる可能性があります」とあれば絶対に女性は買わなくなりますよね。

タバコについて戻りますが、お客様にデメリット(ある意味致命的な)があるにもかかわらず買うお客様がいる商品がすごいのか、ここまで提示しつつ販売を続ける企業体質・姿勢はどうなのか?タバコメーカーも脱タバコをめざしているのかドリンク・食品に進出してきています。

本日の不思議発見でした。
[ 2006/02/17 23:30 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

やってはいけない「居留守」

「ピンポーン」
ドアホンが鳴って、面倒くさかったり、モニタ画面で訪問者を確認して、応対しなくていいやと思って「居留守」にすることはありませんか?

泥棒は必ず事前調査に来ます。
まずは留守かどうか?(どの時間帯が留守なのか?)
よくある調査手口が、まずはドアホンで確認します。もし誰かがいればセールスマン(訪販)のフリをして適当にその場をごまかします。

圧倒的に侵入の手口は「不在時」の「空き巣」です。そりゃ泥棒もできたら人がいないときに侵入した方が賊仕事をしやすいはずです。

しかし、ドアホンの応対を面倒くさがって行わないと、泥棒は「留守」だと決めつけ、侵入してくる可能性が大きくなります。こういう表現は適切ではないかもしれませんが、「物」だけで済むところが、怪我をしたり命を奪われたりすることにもなりかねません。

ドアホンはカメラ付のものにし、最近の製品では女性でも男性の声に変換できるものも出ています。面倒がらずに、ドアホンには必ず対応することも「防犯」なのです。居留守はやってはいけません。(居留守にしたいときもありますけどねぇ。)
[ 2006/02/16 23:52 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

期待と信頼

冬季オリンピックが始まりましたが、日本勢は苦戦しています。世界クラスで上位になれる選手がたくさん出てきたためにメダル獲得を期待してしまいますが、環境・プレッシャー・体調など様々なバランスが崩れたのか、それ以上に他国の選手がすごいのか、なかなかメダル獲得まで届きませんね。

メンターの勉強会で「期待」と「信頼」の違いについて教えていただきました。
「期待」とは自分の思うように人がなってくれるように望むことであり、望むようにならないと腹を立てたり極端にいうと裏切られた感になったりするとのこと。
「信頼」とは、その人が成功しようが失敗しようが結果に関係なくその人を受け容れること。

選手はかわいそうですね。どうしてもみんなが「期待」しちゃいますからね。でもオリンピックなどスポーツはメダルが取れなくても、取り組む姿勢で「感動」は与えることができますね。

それにしても同じ年代のジャンプ原田選手には頭を抱えてしまいましたね。聞くと本人のうっかりということだから、今回選ばれなかった選手、周りの人たち・スタッフに対して とても謝っても許されないことですね。その人たちが実際どう思っているかはわかりませんが、メディアでもあまり非難が出ないのは「原田だから仕方ねぇーなぁ。しゃーないやっちゃでぇ」と「信頼」というか受け容れているんでしょうね。一番すごいのは受け容れられる原田選手かぁ?
[ 2006/02/14 08:49 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(1)

結婚式でたこ焼き?

結婚式

昨日は仲間で お菓子職人(パティシエといったほうがいいのかな?)のKDくんの結婚パーティに出席しました。いきなり出席者全員が新郎新婦のところまで行き「たこ焼き?」のようなシュークリームを1個づつ取りにいき、その中でいくつかのものにクリームと違うものが入っているというゲームから始まりました。
たこ焼き?
(もちろんKDくんが作ったもの)
それから乾杯・・・。

新婦がファンという最近メジャーデビュー?した「aji」というゴスペルグループも登場し、とても素敵な結婚パーティでした。

よく聞くと司会者の台本からその他演出まで、新郎のKDくんがすべて考えたそうで、手作り感がありながら出席者に楽しんでもらおうということがとても感じることができました。

KDくん、Rさん、いつまでもお幸せに・・・・!

[ 2006/02/12 12:13 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(1)

すずめのリーダーは?

すずめチーム

コンビニの駐車場で、ものすごい数のすずめの集団を見ました。
彼らは餌があるわけでもないのに 同じところでじっとしており、車が動いたり人が近づいたりするたびに パァっといっせいに飛び立ち、また同じ場所へ帰ってきます。

よく飛んでる鳥の集団も、かなりの数なのに右、左、上、下とバラバラにならず必ず同じ方向に向かって移動します。

ライオンなど群れを組む動物には必ずボス(リーダー)がいます。鳥の習性を知らないのですが、鳥にもリーダーがいるのでは?と思い、あの数の中で必ず一番最初に動くリーダーがいるはずだと思って、リーダー探しでずっと見入ってしまいました。(暇人だなぁ)

結局見つけれませんでした。
鳥はどういう習性なんだろうか?
[ 2006/02/11 11:34 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(1)

デジタルなのにアナログ?!

打ち合わせ中

昨夜 仲間のYGくんに紹介してもらい、CGクリエイターのYさんにお会いしました。
仕事ではないのですが、イベントでCG(コンピュータグラフィック)を使ったプロモーションをしたいと思って相談しました。

「これとこれをこうしたい」と要望すると「○○にしましょう」「○○にしてみたらどうでしょう?」とYさんからどんどんアイデア・イメージが出てくるんです。写真・アニメ?・文字が動く・音・・・などなど話してるだけでワクワクして楽しかったです。

さすがデジタルでクリエイティブな仕事をしている人の発想はスゴイなぁと感じました。Yさんは「できあがったものは綺麗ですけど それまでの自分がやる作業は地味ですよ」と。デジタルな仕事のようだけど、頭で整理しイメージし、実際に形にしていくのにパソコンの前でいわゆる手作業というアナログな仕事なんですね。

現在 社員さんがホームページをリニューアルに取り組んでくれてるんだけど、そこでPhotoshopなどを使って画像処理などしている姿を見ると出来上がってくるものはデジタルだなぁと感じても、やはり作業は手作業。

ネットワークカメラの提案をしたり実際のものを見てもらうと、お客様から「デジタルの仕事でいいね」と言われたりすることもありますが、実際の工事や設定作業などはすべてアナログなんですね。

世の中デジタル社会と言われていますが、アナログあってのデジタルなんだなということを改めて実感しましたね。
[ 2006/02/10 08:12 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

セキュリティは隠さずアピールを。

たまにお客様から「セキュリティのシステム(カメラやセンサーなど)は目立たないように設置してね」と言われます。まぁあまりデザイン的にいいものがないので目立たないようにしたい、また泥棒に気づかれたくない、というお気持ちもよくわかります。

セキュリティシステムというのは「万が一のときの対応」ということもありますが「泥棒に狙われないための威嚇」ということが大前提です。なので、とにかく目立つように設置することが重要です。泥棒はほとんどが下見をして「留守が多いかどうか」「侵入しやすいかどうか」を確認します。

ここは入るのに時間がかかるぞ、めんどくさいぞ、と思わせあきらめさせることが大事です。ベンダー(メーカーなど提供側)もそれを考えてデザインも考えた方がいいかもしれませんね。

またお客様から「よく警戒解除を忘れて自分が入りベルがガンガンなってしまう。通報も何度も行くから狼少年のように本当の通報時に適切な対応ができなかったらどうしましょうか?」というお話も聞きます。この場合、しょっちゅうベルが鳴るというのは、近所・周りに対して「あそこの建物は何かセキュリティをやってるぞ」というアピールになります。(あまり鳴りすぎると本人さんは嫌でしょうが)

避難訓練ではないですが、たまにアピールのつもり、万が一のときに適切な対応ができるように、セキュリティシステムを作動させることは必要なことです。
[ 2006/02/09 18:05 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

プレイングマネージャー

プロ野球がキャンプインして1週間がたちました。
私は虎ファンなので今年こそ日本一を!という期待でワクワクしているわけですが、今年はそれ以上に気になるのが東京ヤクルトスワローズの古田監督兼選手です。

プレイングマネージャーという立場は、我々中小零細企業の経営者に共通していることが多く、
ファン(広くは野球ファン全体)に感動を与えたい=お客様への価値感動の提供
「優勝する」という明確な目標=明確かつ具体的な方針
一プレーヤーとしての練習・技術向上=一営業・技術者としての技量向上
プレーをしながら選手育成=社員教育  などなど。

経営者としては自らがプレーヤーではなくマネージャーとなっていくことが当然大切であるが、私自身の現状ではプレイングマネージャーとならざる得ない状況であります。そういう点では、今年の古田敦也監督兼選手が、どのようなチーム作りをし、どんな成果をあげていくのかはとても興味があります。

毎年 プロ野球は虎一色しか頭にありませんでしたが、今年は古田監督にも注目です。
[ 2006/02/08 23:48 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

子供を守る

東京・世田谷区の小学校で、防犯対策用のロボットを、実用化に向けた実験が始まりました。ロボットは、身長1メートルで、頭の部分にカメラが内蔵され、手には、情報を読み取るセンサーが組み込まれています。

登下校の際、児童が名前や学年などの情報を登録したカードをロボットの手の部分に当てると、カードのデータとカメラで撮影された児童の映像がパソコンに転送され、職員室などから児童1人1人の登下校が確認できます。(これは便利なのかなぁ?)
実験では、児童がカードを当てると、ロボットはそれぞれの子どもの名前を呼んで、「気をつけて帰ってね」と話しかけていました。(これはかわいいかな?)
カードを持っていない人が訪ねてきた場合は、名前を尋ねて姿を撮影し、教職員に知らせ、将来的ロボットが不審者を追跡したり、不審者の情報を携帯電話などを通じて保護者に提供したりすることも可能になるということで、3年後を目標に実用化を目指しているということです。

ロボット自体がほのぼのしているので「ああいうのが子供を守ってくれるのはいいなぁ」って一瞬思いましたが、よく考えると?

私の住む田舎の隣町では、小学生の登下校時に、地域のお年寄りが等間隔に配置して、あいさつなど声をかけながら見守ってくれています。こういったことをしなくてはならない時代になったことに寂しさを感じながらも、地域でこういった取り組みがされることへの、子を持つ親としての感謝と、犯罪防止の「地域の目」の重要性を感じます。

しかし世田谷区という都会では、やはりロボットになるのでしょうかね。
[ 2006/02/06 23:56 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

ゴルフ場で食事

今日は法事。
お墓参りが終わってから地元可児市にあるゴルフ場で食事に。
ゴルフ場で料理
夕べの雪のせいで、ゴルフ場はclosed。レストランだけはやってますよ、と連絡が入り安心して行きました。

普段 ゴルフをしない私はあまりゴルフ場のイメージ(プレイではなく施設の)がなく、知り合いに予約してもらったおかげで、VIPルームでの食事でした。
部屋にトイレはもちろん、お風呂も展望がいいのが部屋についていて、ソファまでゆったりしたものがあり、こういうところに慣れていないのがバレバレのように、家族全員ではしゃいでしまいました。

ゴルフ場へご飯を食べに行く、初めてのことでした。
[ 2006/02/05 21:34 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

恵方巻

恵方巻

今日は節分。
いつ頃からか「恵方巻」と呼ばれる太巻きを食べるようになった。恵方巻の発祥はどうも関西かららしいが、商売繁盛、無病息災、願い事が叶う、その年必ず幸運が訪れる、厄落とし等の意味を持ち、節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位・今年は南南東)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかぶりするのが習わしとされる。食べている間は、無言でなければならない。

せっかくだから おいしい太巻きが食べたいと思い、いつもは食品スーパーで買ってくるのだが、今回は友達(関西)に頼みました。普段は作っていないと言ってましたが、それでも作ってっと無理を言って作ってもらいました。

家族そろって食べたのですが、なかなか「黙って食べる」というのが難しいですね。結構量があるのですが、卵がおいしいといって皆食べました。健ちゃん ありがとう!また来年もお願いするね。

やはり節分と言えば「豆まき」。これもきちんとやって無病息災、家内安全、商売繁盛。
[ 2006/02/03 23:48 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

上を向いて

名古屋テレビ塔

いつも名古屋にいるのに、久しぶりに名古屋のテレビ塔を見上げました。
「あっ お色直しして綺麗になっている」と思ったが、人に聞くと半年ほど前に塗装してたよとのこと。それだけテレビ塔を見てなかったんだなぁ。まぁ車を運転していることがほとんどだから、空を見上げたりすることは少ないんだけど、それでも変化に全く気づいてませんでしたね。運転中は駄目だけど、たまには上を向いて歩くぐらいの「余裕(気分の)」が必要ですね。

私のような岐阜の田舎もんからすると、名古屋のテレビ塔といえば「お城よりも名古屋をイメージする象徴(シンボル)」でした。最近ではJRセントラルタワーズやミッドランドスクエア(2007年オープン)など名古屋駅周辺に高層ビル群が出現し、すっかりテレビ塔も存在感が小さくなってしまいました。デジタル放送への転換により、新テレビ塔も瀬戸に建ち、ますます実用性までなくなり、解体の話もよく聞きます。名古屋の成長を見届けてきたこのシンボルは何とか残して欲しいものです。

そういえばこのテレビ塔は、日本で一番早く建ったテレビ塔ということ知ってました?(東京タワーへ行ったときに知りました。)
[ 2006/02/02 18:50 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

防犯・・・最大の敵は「油断」

「ウチは盗まれるものがないから大丈夫」
「犬がいるから大丈夫」
「警備会社に任せている・警備システムがあるから大丈夫」
よくお聞きする言葉です。

わかりやすい事例で、昨年プロ野球の清原選手の自宅に泥棒が入りました。しかも、本人の在宅・就寝中(忍び込み・居空き)だった。どうも住まいのマンションがセキュリティシステムがあって、エントランスから入るにも厳しいチェックがあるからということで、自宅の玄関鍵をかけていなかったということです。泥棒が清原選手と知っていたかどうかはわかりません(勇気ある?)が、まさに「油断」を突いた犯行でした。

犬でも泥棒が時間をかけて下見のときに餌つけし、犯行時は「餌をくれる良い人」と犬は尻尾をふって迎えます。

泥棒は、こういった「油断」を必ず突いてきます。
お客様宅にセキュリティシステムを設置した際に、私どもは「これで安全です」とは絶対言いません。日ごろから「防犯に対する意識」を持ち続けることが一番の防犯です。油断大敵!!!

[ 2006/02/01 18:11 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ