FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

小さな犯罪を見逃さない・・・こわいのはエスカレート

家の前に
ごみが捨てられることがある、
たばこの吸い殻が多く落ちている、
自転車が倒される、
散歩の犬の糞がよく落ちている、
・・・気分悪いけど、まぁこれくらい気にしなければ・・・

こういうことをほっておくと、
庭木に枯葉剤が撒かれた、
自動車をコインなどで傷つけられた、
自転車をパンクさせられた、
などと、だんだんエスカレートしてきます。

またこれをほっておくと、さらにエスカレートしていくものです。

以前、犯罪都市と言われたアメリカ・ニューヨークが、
凶悪犯罪だけを重点取り組みしていたのが、それまでどちらかということ軽視してきた
自転車泥棒、万引き、家への落書き・・・などの取り締まりを強化したところ、
結果として凶悪犯罪が減ったという成果があります。

こんなことくらい、というコトをしっかり対策をすること・防ぐことによって、
その先のエスカレートした犯罪を防ぐことにつながっていきます。

小さな犯罪を見逃さない、早いうちに対策を!   です。
[ 2015/08/21 17:41 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

人がいるから大丈夫!ではないですよ

住宅侵入盗犯罪(泥棒犯罪)は、家に人がいない時に侵入する「空き巣」がほとんどです。

皆さんは感じないかもしれませんが実は泥棒犯罪は減ってきています。
これはとても良いことなのですが、その中でも増えてしまっている犯罪が「忍び込み」です。

「忍び込み」とは、家で寝ている間に侵入してきて気づかれないようにして盗みをする犯罪
です。とても恐ろしいことです。

「忍び込み」以外にも「居空き」という、起きていてリビングでテレビを見ていたり、
お風呂に入っている間に侵入し気づかれないようにして盗む犯罪のことを言います。

「家には人がいるから大丈夫!」・・・これが大きな間違いです。

そういう時こそ「油断」しています。「ソコ」を泥棒は突いてくるのです。

現に侵入してくる場所で圧倒的に多いのが「窓」です。
窓から侵入してくる犯行の約45%がなんと「無施錠」なんです。

「人がいるから大丈夫」という「油断」が起こすことです。

無施錠であれば、全く音も立てずに侵入することができます。

人がいても
①施錠は必ずすること・・・・これだけで45%の犯行が減らせるはずです。
②窓には高い位置に補助錠を付ける
③在宅警備もできるセキュリティシステムを導入する

など「人がいる時こそ」対策が重要です。

表現は悪いですが「お金や物で済んだら良し」です。
家族や自分が怪我や命に係わることにならないようにすることが最重要です。
[ 2015/07/23 23:28 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

SNSは泥棒も見ている!

皆さんもよく知っていて使っている方が多いFacebook、LINE、TwitterなどのSNS。
(SNS = ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

最近ではユーザーアカウントの乗っ取りや、なりすましから迷惑メール登録など
多くの問題が表面化していますが、実はまだまだ気を付けなければならないことが
多いのです。

特に個人特定しやすいモノは要注意です。

例えばよくFacebookなどで「今日から家族旅行です!」と言って滞在場所の写真など
をアップされているものをよく見ますが、それは・・・・

「今日、私の家は留守ですよ!」

とアピールしているのと同じなのです。

対策として最低限「友達を限定する」などの設定が必要ですが、
その友達からどこへ情報がどう漏れてしまうのかは予測もつきません。

泥棒は必ず下見をするように、情報を集めるのに必死です。
泥棒もSNSを見ています!と思っていただいた方が賢明です。

コミュニケーションなどにはとても良いSNSですが、
発信する情報は内容・タイミングを含めて、より注意してください。
[ 2015/06/22 09:52 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

被害現場から見る防犯ガラス等のCP商品の良し悪し

最近の新築住宅では、ほとんどの住宅設備にCPマークの付いたものが増えています。通常の住宅設備よりかなり割高ではありますが、それでも泥棒からの被害のことを考えたら「安心を買う」ということで、せっかくだから新築に合わせて導入される方が増えました。今後はスタンダードというより「あたりまえ」になっていくことでしょう。

CPマークとは、防犯性能の高い建物部品につけられるマークのことで、住宅などの侵入に5分以上耐えられると評価された防犯性能の高い建物部品に与えられます。 対象となる建物部品は、鍵、玄関ドア、サッシ、ガラス、面格子などです。

対象となる建物部品には必ず「CPマーク」のついて「シール」が貼ってあります。
これは非売品なので、見た目が美しくないからはがしちゃおう!ではがさないようにした方が泥棒に対して威嚇になります。

「防犯性の高い住宅設備だから安心だ!」 ということになるでしょうか???

こういう泥棒犯罪が実際に起きている事例です。

日中 留守だとわかっている家に、作業着を着た数人の泥棒が対象の家の前に作業車を停止させ、リビングの窓を「5分以上かけて」ガラスを割って侵入されてしまいました。
近所の人も「○○さんのところは今日工事に入っているのね」と何の不信感も抱かず、あまりにも堂々とした犯行です。

時間さえかければ壊すことは可能です。
CPマークの住宅設備だから安心という「油断」を逆手に取った犯行です。

ではどのようにしたら犯行を防げたでしょうか?

泥棒が嫌うのは家の「外」で大音量の「音」がなることです。
このケースでも、実際に窓を割られて侵入された瞬間に、家の周り近所に響き渡る「音」があれば、被害は防げたはずです。
これでも100%完璧ということはありません。
「油断」しないことです。「油断大敵」の言葉通りです。
[ 2015/05/21 10:03 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

カメラで泥棒犯罪を防ぐことはできるか?!

最近、テレビニュースでは防犯カメラの映像から犯人の逮捕につながることも少なくありません。セキュリティ関連の展示会でも9割以上がカメラであり、お客様からも防犯カメラのお問い合わせが増えており、益々カメラが世の中に増えていくことでしょう。

では、カメラで泥棒犯罪は防げるでしょうか?

昨年から多く発生している事例ですが、大手警備会社と契約しており、尚且つ家の周りには防犯カメラが設置しているにもかかわらず、実際に泥棒被害にあった家も少なくありません。3~5人組の泥棒がカメラの前に堂々と車を停車させ、車両ナンバーも見せつけ、カメラを見ながら侵入して、約10分以内の犯行で堂々とカメラを見ながら逃走していくという大胆不敵な窃盗グループです。

なぜでしょうか??? カメラがあっても犯人たちは目出し帽または眼鏡に帽子にマスクをし、みんな同じような服を着ることで「誰か」が特定できず、車両も盗難車・またナンバーだけを盗難したものを付けているために足がつかない。

つまり、カメラはこういう窃盗集団の犯行を防ぐことはできません。不特定であり「誰か」が特定しにくい犯人たちには威嚇効果はないのです。

では、カメラが役に立つのは、どういう時か!

前述の犯人たちではなく、特定しやすい者たちには効果があります。

家の前にゴミがよく捨てられる、自動車が傷つけられる、植栽を荒らされたりする・・・などという犯罪のほとんどが顔見知りの犯行の可能性が非常に高いです。こういう人たちは変装しても自分とばれるのではないか、という恐怖心に襲われ、犯行自体をしなくなることはとても多いです。現にそういう被害にあったお客様が「証拠を取って捕まえたいから」と言ってカメラを付けた途端、全く犯行が行われなくなったことがほとんどです。
[ 2015/04/21 11:43 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

犯罪認知件数よりも犯罪率にご注目を!

市区町村別ランキング(H25 8)

愛知県警から8月末現在の市町村別犯罪発生状況が発表されました。
添付してある表は小さいですが、クリックすると大きくなるので見えると思います。

左側が刑法犯、右側がその内の侵入盗(泥棒犯罪)です。

認知件数というのが、いわゆる発生件数(警察に届出)です。

ワースト5(市 ※名古屋は区)は
1位 一宮市
2位 春日井市
3位 豊橋市
4位 豊田市
5位 中川区  です。(詳細は資料をご参照ください)

最右の犯罪率ランキングというものを見ると認知件数と異なります。

ワースト5( 同 )
1位 清須市(1.84)
2位 北名古屋市(1.57)
3位 西尾市(1.51)
4位 長久手市(1.47)
5位 尾張旭市(1.41)

また名古屋市でいうと ワースト5は
1位 熱田区(2.86)
2位 東区(1.97)
3位 中村区(1.66)
4位 中川区(1.63)
5位 守山区(1.43)

この犯罪率というのは、人口1、000人あたりの認知件数です。

つまり清須市は1、000人のうち1.84人が被害に遭っていて、
熱田区では同じく1、000人のうち2.86人が被害に遭っているということ。

「町」ランキングでは 豊山町が1、000人のうち2.97人が、
「村」ランキングでは 飛島村が1、000人のうち3.53人が被害に遭っている。

結構 確率が高いということです。

「侵入盗」(泥棒犯罪)は昨年比7.8%増加しており、
その内「空き巣」は16.3%も昨年よりも多くなっています。

より安心して安全な暮らしをしていただくために、できるセキュリティを
おすすめします。

「侵入されたらどうするか」ではなく「侵入を事前にあきらめさせるには」です。
いつでもご相談ください!

[ 2013/09/30 22:30 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

自動車関連窃盗 -ナンバープレート編-

自動車のナンバープレートが盗難にあったって、大したことないじゃん。
って声が聞こえそうですが、実は実は・・・・

ナンバープレート盗難

なんと前回お話しましたカーナビ盗難に負けていないくらい盗難が多いんです。

まずは なぜナンバープレートを盗むのか!ですが、
*盗難車を運ぶため(倉庫や船などへ行くまで)に取り付けたり・・・
*ひったくりなどに使う盗難バイクに取り付けたり・・・
*凶悪犯罪に使用する車両に取り付けたり・・・
など、直接ナンバープレートが欲しいわけではなく、一時的に
二次犯罪に悪用されるためなのです。

盗難された側の人たち(被害者)はどうなってしまうのかというと、
ナンバーがないわけですから、自動車をその場所から運転して移動すると
いうことができず、ナンバーの再交付にも時間がかかる(お金もかかります)
ということがおきてしまい、実際に被害に遭われた方からは、
その辛さ・怒りなどをお聞きしています。

対策としては、ナンバープレートが取り付いている場所には
ネジがありますので、そのネジの部分を塞いでしまうような盗難防止ネジを
使うことです。これは1個あたり約1500円程度みておけばできるものです。
(車種によってネジが異なるために値段の上下はあります)

上記の対策は絶対外れない!というものではありません。
しかし、先ほども言いましたように二次犯罪に利用することが目的なので、
ナンバーは何でもいいわけです。

だから簡単に取り外せるナンバープレートなら番号は何でもいいので、
盗難防止ネジで取り外しが困難なものは、面倒くさいので対象から外されます。

こちらの商品は弊社でも取り扱っています。
お気軽にご相談下さい。
[ 2013/09/08 09:00 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)

自動車関連窃盗 -カーナビ編-

前回の自動車盗難に引き続いて、今回は自動車関連の窃盗ということで
中でも多い「カーナビ」についてです。

カーナビ被害

盗まれるカーナビの多くは「埋め込み式」で純正製品が多いようです。
警察が逮捕した犯人に聞き取り調査したところ、カーナビを盗むために
必要な時間は1分から2分程度と答えた者もおり
ほんの短時間で盗まれているのです。

カーナビ盗難防止対策としては、盗まれても使えないようにパスワード設定
(取り外されて再度電源を入れるとパスワードを要求される)して、そのことを
窓ガラスにシールで貼っておくことや、カーナビそのものを取り外しにくいように
窓からのぞきこんでもわかるようにカーナビ自体に盗難防止ネジ(車屋さんにご相談
ください)をすることなどがあります。

またそれ以上に、日頃から駐車する場所も気をつけて下さい。
防犯カメラが目立つように設置してあるところは威嚇になります。
またコインパーキングなども、カメラ設置・照明が多くあって明るいこと・
外から見て目立つ(見通しが良い)ところに駐車することが望まれます。

次回は自動車関連の盗難について最終回で「自動車ナンバープレート」についてです。
[ 2013/09/06 18:00 ] セキュリティ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ