FC2ブログ

トレネッツ 社長日記

セキュリティシステム工事で「安心生活提案業」を目指す社長の日記です。

夜ふかし続く・・・

日本全国の人がと言っていいでしょう。寝不足の毎日ですよね。

私も愛すべきトラが全く調子悪いのでプロ野球は一切ニュースも見ません。(TдT)
楽しみはロンドンオリンピックだけ!

また時間が中途半端に良いんですね。
もっと夜中なら見るのをあきらめますが、夜も11時を過ぎた頃からが本番になり、
大体夜中の3時くらいには終わることが多い。これでは見てしまいます。

まぁ4年に1度で、2週間のことですからね。

個人戦よりも団体戦のほうがメダルをとれたり、活躍してるように見えます。

たくさん感動をいただきながら、中でも特に印象に残ったのは二つ。

「なでしこジャパンのブラジル戦」と「フェンシング団体戦のドイツ戦」

なでしこは防戦一方で、とにかく守り抜いて
ほんのわずかなチャンスを活かして2得点。

なでしこジャパンを見ていて、ある人に聞いた話を思い出しました。
「準備なきチャンスはリスクに変わる」

そして昨夜のフェンシング男子団体戦。
残り10秒で2ポイント差は、それまでの流れから見てもほぼ逆転は不可能と
思われたが、最後まで諦めなかった太田選手の「気」と「集中力」

私の好きな言葉
「あきらめなければ必ず道は拓ける!」
また強く思わせていただけました。

あと約1週間ですね。
まだまだ寝不足の日々は続きそうです。(^_^;)
スポンサーサイト



[ 2012/08/06 12:12 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

悲しい気持ち

悲しい気持ち・・・桑田佳祐の歌じゃありません。

毎月1日と15日は氏神様の神社に参拝に行きます。
今朝、参拝に行くと私よりは背が高いが中学生くらいの少年がいて、
「おはよう!偉いねぇ。神様にお参りかぁ?」と話しかけたら、
何も言わずに、さっさっと行ってしまいました。

「こらっ あいさつくらいせんかぁ!」と言ったけど反応なし。

そのあと神社の奥さんがいたので、その話をして
「知ってるお子さんですか?」と聞いたら、な・な・なんと・・・・

「その子は賽銭泥棒です」と。

その子だけではなく、学校が休みになると代わる代わるそういう子が
来るらしい。

あるとき現場を見つけて学校に通報したら、先生は謝りに来たけど、
親は全く来たことがないとのこと。

さらに驚くは、賽銭泥棒は子供だけではなく、老人もいるということ。

仕事柄「カメラでも付けましょう!」と言いたかったところだけど、
あまりに、せつなくて悲しい気持ちになって、それさえ言えませんでした。

奥さんには、最近はあぶないので、あまり問い詰めるように注意しない
ように、とだけ伝えました。

悲しい現実です。


[ 2012/08/01 16:11 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

言ってる意味わかる?

日曜日の新聞だったと思います。

ライオンの新入社員さんを対象に、上司から言われてプレッシャーになる言葉の
ベスト10が出ていました。

1位  言ってる意味わかる?
2位  そんなこともわからないのか
3位  期待してるよ
4位  面白い話して、何か話して
5位  もういいよ、ほかの人に頼むから
6位  ○○君は優秀だぞ
7位  ○○!(呼び捨てで呼ばれる)
8位  明日までにやっておいてくれ
9位  どう今夜一杯
10位 (ジュース・タバコなど)買ってきて

こうやって言葉を並べてみると、結構ひどいことを言ってる気もしますが。

でも教えて行く時に、新入社員さんだけでなく、
やたらと返事がいい、もしくは「あぁナマ返事だな」と感じると
ついつい「言ってる意味わかってる?」と口にしてしまいますね。(TдT)

私自身、自覚しているのは
1位、3位、8位、9位 というところが多いのでは・・・。

社員さんに聞いたら違う答えが来たりして・・・。

新入社員さんだけでなく他の社員さんたちにも本当に言葉を選ぶ必要性を
感じますね。

このアンケート結果にはさらにあって、
プレッシャーを感じた新入社員がプレッシャーに対してどういう解消方法かというと

4人に1人が「トイレにこもる」

ですって。・・・・これもどうなんだろうか?
いろいろと難しい世の中になっていきますね。


[ 2012/04/18 09:00 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

ご無沙汰してしまいました。

ものすごーーーく久しぶりのブログ更新になってしまいました。
すいません。

2006年1月にスタートさせて、それなりに続けてきたのですが、
最近ではすっかりFB(フェイスブック)ばかりになってしまいました。

ブログは全くの不特定多数の方々に見ていただくものであり、
(不特定多数と言っても見ていただくのは私を知ってる人でしょうが)
ツイッターは現在6970人のフォロワーの方々がいますが、
ほとんど知らない方ばかり。それにツイートといってもブログ更新が
そのままツイートという形になるようにしてる(ソフトで)だけです。

フェイスブックは現在432人の友達登録になっていますが、
ほぼ知っている人たちだけです。全く知らない人とはつながってません。

反応も多く、結構デジタルというよりアナログだし、
スマホで簡単にできるのでこちらは毎日ではないですが、
それに近いくらいアップしています。
知り合いばかりだから、不特定多数の方々よりはこちらの情報も
神経を使いすぎずにアップできるのもいいですね。

しかし、ブログは発信ツールとして大切だという認識はありますので、
ここから再度スタートさせます!
これからもよろしくお願いします!!

[ 2012/04/16 09:57 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

おおきな木(絵本)

先輩経営者の方から薦めていただきました絵本「おおきな木」

おおきな木

ウチの社員さんもこの本は知っていました。
「すごくいい!って」

最初は環境問題の話なのかなぁと思ったのですが、
「木」と「少年」のお話ですけど(内容は見てない人のために止めときます)
私たち、また私自身もこの「少年」のように、自分の欲求のために
自然だけでなく、もしかしたら周りの人に対しても
「木」に対して行ったことをしてしまっているんでしょうね。

そして「この木」のように
誰かを幸せにするためにできることはすべてやり、
それが自分の「幸せ」とできる、
そんな「人」になりたいですね。

いろいろな年代の人が読むとまた違うことを感じるんでしょうね。
読んだ人たちの感想を聞いてみたいですね。


[ 2012/01/13 11:41 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

初えびす 2012

今年の仕事始めも1月5日の初えびすからスタートです!

毎年恒例となりました社員全員で熱田神宮へ。
みんなでおみくじも引いて、私は「中吉」
昨年は「小吉」だったので少し良くなりました!(笑)

初えびす

天気が良かったからいいですが、それでも足元は人手が多いので
ぐちゃぐちゃになっていて、革靴も汚れてしまいます。
人ごみの中ではどんどん踏まれて傷だらけに(TдT)

熊手やお札を買う列ではかなり混雑していて、
半分泣き声のような悲鳴も聞こえたり、小さな喧嘩が起きてたり、
並んでいる間ずっとブツブツと整列方法などに文句を言い続けていたり・・・

これも毎年見る風景で、初えびすらしいといえばそれも楽しめます。

そしてこれまた恒例となりました
「熊手を買ってから最後の鳥居をくぐるまではしゃべらない!」
(・・・しゃべると幸福が逃げるというお話)

これが毎年一番の苦痛。
ただしゃべらないだけならまだしも、
あれだけの混雑の中、毎年知っている人に出会います。

私より大きなウチの社員さんを楯にして、知ってる人になるべく会わないように、
会っても社員さんが「鳥居を出るまでしゃべれません ごめんなさい」と
代弁してもらいました。(笑)

毎年社員さんたちとここへ来てスタートできることに感謝です。
約1週間の年末年始休みも明けて、社員さん全員の元気な顔が見れたという
ことが幸せであり感謝ですね。

さぁ2012 ヨーイドン!!



[ 2012/01/05 17:37 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

ヨーイドン2012 -「変わらない」ことへ感謝-

新年明けましておめでとうございます。

毎年恒例行事であります除夜の鐘を聞きながら、
1月1日へのカウントダウンと共にスタートする「新春マラソン」で
2012年もスタートしました。

昨年までは、息子と一緒に参加していたのですが、
息子も中学3年ともなると最初から友人たちと一緒に行ってしまい、
肩の荷が少し降りたような、ちょっぴり寂しいようなヨーイドンでした。

マラソン
     スタート地点

マラソンゴール後は、神社で景品(今年はカップめんとタオル)をもらい、
甘酒を飲んで神社でお参り。

そして一番近いお寺で鐘つき。
・・・すでに年が明けたのに まだ鐘つきというもの変だが(笑)
こういうことはいい加減でよい。

可成寺
 年が明けても除夜の鐘

翌早朝には、会社に行って氏神様である綿神社(わだじんじゃ)で参拝

綿神社
      綿神社

そしてまた家に帰れば、親戚が集まり新年の挨拶。

にゃんこたち
家で迎えてくれる?にゃんこたち

毎年この流れは何も変わらずお正月を迎えます。

昨年は、東北大震災、原発事故、タイ洪水・・・
そして私にとってとても大切な社員さんを失うという
大変辛い年となりました。

何か変わったことをするのではなく、
こういう「変わらない」「恒例の」ことでお正月を迎えることができる
ことに本当に感謝しなくてはならないと改めて実感しました。

皆様にとって素晴らしい1年になりますように!!

年賀状



[ 2012/01/04 10:51 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(0)

ありがとう・・・・・・・・・・

11月17日 私の大切な社員さんを亡くしました。
不慮というよりもあまりにも理不尽な交通事故に巻き込まれました。


彼は私より2歳下の42歳でした。
約1年前のことです。

彼は「トレネッツで働きたい。」
「小さな会社は魅力的です。トレネッツを大きくしたい」
「小さな会社だからこそ僕がこれまでやってきたことが活かされる」
「定年まで働かせてください」

何度も「小さな会社」と言う彼。
「君の身長もちっちゃいじゃないか!」と私(笑)

そしてトレネッツでの彼の仕事は始まりました。

彼はお客様と必死に真正面から向き合い、
誰からも好かれる明るさと思いやり、
お客様・お取引先様・そして社員さんたちに・・・
何よりも、ご家族をとても大切にする彼でした。

私には個人的な相談や悩みもたくさん話してくれました。
良かったこともすぐに報告してくれました。

私が褒めたり、声をかけたりすると
子供のように喜ぶ彼でした。


11月17日・・・・・
お昼に彼の新しいノートパソコンが届いたので
彼に早く知らせたいので電話しました。

いつものように彼は子供のように喜んでいました。

・・・それが最後の会話でした・・・。


その3時間後・・・・悲報が届きました。

私は搬送された病院に向かいました。
何度も祈りながら・・・。命だけは、命だけは・・・・。

病院に1時間後に到着。
すでに彼は帰らぬ人となっていました。


この突然の出来事が受け入れられず呆然とし、
この後の記憶もよくわからず・・・・。

先週末、彼のお通夜とお葬式が行われました。
彼と関わっていただきましたたくさんの人たちが来ていただきました。

お客様先に私が訪問しこのことを報告すると、
実際は1、2回しか彼と会っていないお客様・お取引様でさえ、
その場で涙を流し、彼の死を受け入れられないでいました。

事故が事故だけに新聞やテレビニュースでも流れたために、
翌日 たくさんの方々からご連絡をいただきました。

そしてお通夜や葬儀にも数回も会っていないお客様やお取引先様が
たくさん来ていただきました。

これは彼がお客様やお取引先様との「関わり」をしっかり創ってきた
その「成果」だと思います。


私は未だに素直に受け入れられません。
朝、会社に行くと私より早く会社にいた彼。
「おはようございます!」という元気な声が明日も聞ける気がしてなりません。


彼は永久にわが社の大切な社員さんです。
彼が創ってくれた、残してくれた「関わり」を絶対に無駄にしてはいけない。
これが「私の使命」だと思います。


彼にはお別れはまだ受け入れられませんが、
言えることは「ありがとう」だけです。

本当に良い社員さんであり、同じ世代を生きた仲間であり、
同じ夢を目指した同士でした。

ありがとう・・・・・・・・・・・・・


[ 2011/11/24 00:33 ] 社長のひとりごと | TB(0) | CM(1)
プロフィール

藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)

Author:藤掛誠一郎(Fujikake Seiichiro)
岐阜県に住み名古屋の会社まで毎日1時間以上かけて通勤する社長です。
「Time is Money」に反しながら、でも毎日楽しんでいるドタバタ社長です。

月別アーカイブ